編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

マイクロソフト、ビッグデータなどの最新プロジェクトを披露--Silicon Valley TechFair

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-04-21 12:36

 Microsoftは米国時間4月17日、マウンテンビューで開催したSilicon Valley TechFairで、同社が手がける最新の研究プロジェクトをいくつか披露した。

 披露されたプロジェクト(同社が以前紹介したものもあれば、そうでないものもある)は、ビッグデータと分析に主眼を置いた複数のプロジェクトだ。

 「Naiad on Azure」は、「リッチでインタラクティブなクラウド分析プロジェクト」と説明されているもので、「.Net」ベースのデータ分析プロジェクトだ。同プロジェクトの説明によると、Naiadを利用することで、アナリストはアプリケーションを先にローカルで開発してから、クラウドに展開することができるという。

 また、Microsoftの研究者らは、都市の大気質を対象としたモニタリングに主眼を置いたビッグデータプロジェクトに加えて、企業向けソーシャル分析プラットフォームの「WaveFour」も披露した。さらに、Microsoft Researchによる別のプロジェクトとして、高速な機械学習の活用を目指す「Tempe」を紹介した。

 Microsoftは同イベントで、最近発表した製品においてMicrosoft Researchチームが貢献した取り組みについても強調した。その中には、「Windows Phone 8.1」に組み込まれたパーソナルデジタルアシスタント「Cortana」や、同じくWindows Phone 8.1に組み込まれた改良版「Word Flow」キーボードに採用されている「Shape-Writing」技術などがある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]