編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

中古車大手ガリバー、システムをAWSに移行--データをリアルタイムに複製

NO BUDGET

2014-04-24 16:10

 ガリバーインターナショナルは社内システムをAmazon Web Services(AWS)へ移行、「Windows Server 2012」の「フェールオーバー クラスタリング(WSFC)」とデータ複製ソフトウェア「DataKeeper」を組み合わせ、共有ストレージ不要のシンプルなHAクラスタ構成を実現した。Datakeeperを提供したサイオステクノロジーが4月23日に発表した。

 ガリバーは、運営する中古自動車店舗を現在の全国約420店から2018年2月までに国外を含めて1600店舗に拡大する計画を進めている。この事業成長に備え、迅速かつ柔軟に対応できるIT基盤を確立するため、社内システムをAWSに全面的に移行し、クラウド活用を優先的に検討する“クラウドファースト”を推進している。

 同社はAWS上に稼働システムと待機システムを設け、障害時にはWSFCでフェイルオーバーするように構成した。障害時に直前までのデータ復旧を瞬時に行えるよう、リアルタイムにデータを複製する仕組みとして、DataKeeperを活用している。


DataKeeperを活用した既存システムのAWSへの移行イメージ図(サイオス提供)

 現在、ガリバーの保有するオンプレミスで構築された既存システムの約30%がAWS上へ移行しており、移行後も従来と変わらないシステム運用が実現できているという。ガリバーは今後、大量かつ多様なデータを扱っていく必要があり、順次システムのクラウドへの移行とともにDataKeeperの採用を進めている。

 サイオスは、APN(AWS Partner Network)スタンダードコンサルティングパートナーでもあり、DataKeeperはAWSなどのクラウド環境上でも動作する。クラウド上での高可用性を実現することが可能なレプリケーションソフトとして機能やコスト、効果などが評価されDataKeeperが採用されたという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]