こんな同僚はイヤだ!--職場で嫌われる10の行動

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2014年05月14日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 不快な行動をする同僚に、向こうに行ってほしいと思ったことはないだろうか?職場の閉じた空間では、一定の要因が揃えば簡単に嫌な空気が生まれてしまう。まったく罪のない行動であれ、頭にくるような行動であれ、完全に不適切な行動であれ、職場にはふさわしくない振る舞いというものがある。そういった行動を毎日のように目にしている人もいるだろうし、自分自身が同僚を怒らせたり、苛立たせる行動を取っていながら、まったくそれに気づいていない人もいるだろう。


 この記事では、筆者がこれまで職場で目撃した、10の不快な振る舞いを紹介する。

1.うわさ話をする

 うわさ話をするのは、どんな場所でもよい行動とは言えない。しかし特に職場では、他人を傷つけてもその場から逃れられないことが多く、これが原因で職を失う危険がある。うわさ話には、うわさの対象となった人たちが職場を辞める可能性を引き起こしてしまうという効果もある。特に上司からは、ほかの従業員が辞める原因を作った人間だと見られたくはないだろう。これが起こってしまうと、自分が職を失ったり、卑劣で当てにならない人間だとみられるリスクがある。このような行動を始めたり、続けたり、関与したりするのは避けるべきだ。

2.片付けない

 職場では、お手伝いさんを頼むことはできない。社会人は大人であり、散らかしたら片付けることが求められている。これは、地位の上下に関わらず当てはまることだ。会社で清掃サービスを頼んでいる場合でも、メイドや執事の仕事をしてはくれない。清掃サービスの仕事は職場を掃除することであって、個人的なゴミを片付けることではない。自分が散らかしたものを他人に片付けさせれば、片付けさせられるものにとっては屈辱だ。自分のゴミを他人が片付けてくれると思うことは、同じ職場の人間(どんな地位であっても)に対する敬意を欠く行為だといえる。

3.勝利を触れ回る

 筆者は、自分が問題を解決するとそれを周囲の人間全員に知らせないと気が済まない人たちと働いたことがある。大声で叫ぶ人から、特別な勝利のダンスを踊る者までいた。これは煩わしいだけでなく、うまく仕事が進んでいない同僚にとっては、面白くない知らせかもしれない。周囲の人に少々敬意を払って、勝利のダンスやお祝いのハイタッチは自分の中だけにとどめておいた方がよい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算