編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

Linux認定資格LPIC、現場の実情にあわせて試験を更新--年末にはOpenStackも

森英幸

2014-06-27 17:55

 ベンダーニュートラルなLinuxの認定資格として幅広い支持を受けているLPIC。日本国内での累計受験者数は、5月時点で23万人を突破している。

 LPICの試験内容は定期的に見直されているが、今回レベル1とレベル3で出題範囲が変更されたという。その変更内容と今後の展開について、LPIカナダ本部の試験開発ディレクターであるMatthew Rice氏に話を聞いた。

オープンソース方式で試験を開発

――LPIではどのように試験を開発しているのか。

 LPIでは、Linuxなどのオープンソースソフトウェア(OSS)と同じ方法で、試験問題を開発している。すなわち、試験の設計から出題範囲や出題形式の決定まで世界各国のパートナーと相談しながら決めていく。出題範囲はLPIのWikiサイトで公開されており、個人でもボランティアとして試験開発に参加できる。

 こうしたプロセスを経ることで、現場での使われ方に則したLinuxの技術力を測れる試験問題になると考えている。今回来日したのも、日本のパートナー企業や認定校を訪問してヒアリングするのが目的だ。ヒアリングすることで、実際に現場でLinuxを使っている人たちの意見を吸収し、試験に反映できる。

Matthew Rice氏
LPIカナダ本部で試験開発ディレクターを務めるMatthew Rice氏

Linuxの変化にあわせて試験をアップデート

――今回のアップデートの内容を教えてほしい。

 Linuxは日々進化を続けており、技術的な要素が変わっていく。そのため、LPICが現場で役立つ認定資格であり続けるためには、試験の内容もその変化にあわせて更新する必要がある。

 LPICではそうした見直しを定期的に行っており、LPICレベル1(101、102)は、今回のアップデートでバージョン4.0になった。バージョン4.0では、大きな変更として出題範囲にsystemdを追加した。Linuxではシステムの起動とランレベルの制御に、長年System V形式のinitが使われてきたが、現在、多くのLinuxディストリビューションはsystemdを採用するようになっている。

――LPICレベル3で行われた変更はどのようなものか。

 LPICレベル3の304試験は、今回初のアップデートを受けてバージョン2.0になる予定だ。304は仮想化と高可用性についての技術力を判定する試験だが、Linuxは仮想化プラットフォームとして広く使われるようになっているため、仮想化の出題比率を50%から60%に高める。

 内容にも大きな変更がある。現在、LinuxのハイパーバイザとしてはKVMとXenが広く使われているが、このうちXenの対象バージョンを4.xに変更する。304試験を開始した時点では、KVMはまだ新しくて現場ではあまり使われていなかったため、Xenよりも重要度を低く設定したが、現在はKVMも広く使われている。

 そこで、KVMの重要度を高め、KVM管理ツールの変更にあわせて内容も更新する予定。このほか仮想化では、仮想化の抽象化ライブラリ、libvirtを新たに出題範囲に加える。

OpenStackの認定試験は2014年末に開始

――今後のLPICの拡充予定について聞かせてほしい。

 今回改定した304試験は仮想化の基盤技術を対象にしているが、クラウドの構築では、仮想サーバを自動的に構成するために、仮想化基盤の上で動作するOpenStackのようなソフトウェアが利用されている。そこで現在LPIでは、2014年末の試験開始を目指してOpenStackの試験を開発中だ。試験名称はまだ決定していないが、技術レベルとしては、LPICレベル1を保有する人を対象とした試験になる予定だ。

 LinuxとOSSの世界では、ソフトウェアを開発し、システムを構築するとともに運用も担う“DevOps”という職種の人たちが増えている。プロプライエタリな世界では存在しなかった職種だ。LPIとしては、こうしたDevOpsの人たちに向けた認定資格のニーズがあるなら、ぜひ開発したいと考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]