ビッグデータとIoTの可能性--インテルが取り組む水と食糧の安全保障

Lyndsey Gilpin (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル 2014年07月07日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州の農業経済は年間436億ドル規模だ。同州では、米国産の果物、ナッツ類、野菜の半分近くが生産され、400種以上の農産物が育てられている。同州の輸出高も過去数年間、一貫して増加しており、2012年には180億ドルに達した。

 同州では深刻な渇水も進みつつある。同州の水源の3分の1近くは雪塊であるが、現在、この雪塊の量は通常レベルの20%程度のところを推移している状況だ。貯水池は貯水量が乏しくなっており、農村部のコミュニティーは貴重な水源が完全に枯渇する可能性があるという警告を受けている。


「Parrot AR.Drone 2.0 GPS Edition」
提供:Parrot

 これはカリフォルニア州にとっては良いニュースではない。同州の農家は、家畜の数を減らしたり、耕作をあきらめたり、値上げをしたりといった対応を強いられている。カリフォルニア州はアボカドの生産では米国1位、アーモンド生産では世界1位だが、こうした作物の価格と需要が毎年のように急増し続ければ、厳しい決断をすることになる。

 Intelは、大規模な食糧安全保障問題の解決のためにビッグデータを活用する動きを進めており、手始めとして、カリフォルニア州の問題に取り組んでいる。同社は、短期プロジェクトを通じて、研究イニシアチブとデータアクセスを拡大しているところだが、長期的には、世界中の科学者がアクセスできる、信頼性の高いリファレンスプラットフォームを構築したいと考えている。

 Intelのクラウドアナリティクス部門の戦略およびビジネス開発担当ディレクターのVin Sharma氏は、「われわれは、重大な問題のためにビッグデータ分析ソリューションを応用している。誇張して言っているのではなく、世界の姿を変える規模の問題を解決しようと取り組んでいる」と述べている。

 ビッグデータとモノのインターネット(IoT)は、世界が今後数年のうちに直面することになる課題への対応において、大きな役割を担おうとしている。米国政府が、気候変動データを一般公開するとともに、テクノロジを使って解決策を生み出すコミュニティープロジェクトを推進しているのはそのためだ。食糧、耕作地、水に対する需要が急速に高まる中で、われわれの世界が直面しようとしている問題についての知識が重要になる。

カリフォルニア州の未来におけるIntelの役割

 「現在の科学やビジネスの大きな課題を解決するために、『なぜ今このようなことが起きているのか』という疑問を投げかけるのが、Intelのアプローチだ。広い意味で言えば、われわれはテクノロジの民主化に取り組んでいる。比較的高度で、限られた人々だけが利用できたものを、より多くの人々が利用できるようにしてきた」(Sharma氏)

 米国内のIntel Science and Technology Centers(ISTC)と、米国外にあるIntel Collaborative Research Institutes(ICRI)はいずれも、少なくとも部分的にはIntelから資金を受けており、Intelと同社を取り巻くアカデミックコミュニティーの間の研究協力の役割を果たしている。大学側は自らが取り組むべき課題を選び出し、Intelはリソースと大局的なコンセプトの面を支援する。

 カリフォルニア州での雪塊の融解に対処するために、Intelはカリフォルニア大学サンタバーバラ校(UCSB)のEarth Research Instituteと協力して、Earth Databaseによるプロジェクトの研究と開発を行っている。研究者らは、衛星画像とマッピングテクノロジを使用して、シエラネバダ山脈の積雪パターンを測定している。最終的な目標は、カリフォルニア州で将来的に利用できる水の量を把握することだが、その手法はどんな地域でも使用できるものだ。

 Intelはこのプロジェクトで、1カ月に20テラバイト以上のデータを収集しており、それを拡大し続ける計画だ。収集されたデータはUCSBの機関に送られて、そこで研究コミュニティーの科学者に広く公開される。このプロジェクトはまだ研究段階にあるが、Intelは、政府や大学、科学者が利用できる画像データベースを構築したいとしている。

 このプロジェクトが始まるまで、科学者は雪塊のある地域まで危険を冒して出かけて行き、手作業で水位を測定する必要があった。Intelは、業界全体が利用できるアプリケーションやモデルを増やせるように、より多くの参加者や科学者にデータベースにアクセスしてもらいたいと考えている。現時点では、テクノロジ自体の開発を推進することが優先事項だとSharma氏は語る。その上で、Intelはプロジェクトの拡大に取り組む予定だ。Sharma氏は、将来的には、この取り組みが、コミュニティーも関与する市民科学プロジェクトのようなものになることを願っていると述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化