編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本IBM、企業向けソーシャルコラボソフト新版--社外ユーザーを招待

NO BUDGET

2014-07-24 18:26

 日本IBMは7月24日、企業向けソーシャルコラボレーションソフトウェアの新版「IBM Connections V5.0」の提供を開始した。SaaS版とオンプレミス版のソフトウェアライセンスの2種類の形態で提供される。税別の参考価格はオンプレミス版が社内1ユーザーあたり1万9300円。

 Connectionsは、もともとIBM社内で活用されてきたコラボレーションソフトウェア。企業が必要とするカレンダーやファイル共有などのビジネス機能に加えて、ユーザーのプロフィールやブログ、質問を投稿できるフォーラム、ブックマークなどのソーシャル機能をオールインワンで提供する。

 新版では、社内のユーザーに加えて、社外のユーザーをコンテンツやプロジェクト別に作成する「Community」と呼ぶワークスペースにゲストユーザーとして招待できる。ゲストユーザーはConnectionsが提供する各種機能を無料で利用でき、情報共有を円滑にする。社外ユーザーに参照させる情報を一部のコンテンツに限定できる。

 ユーザー部門による勝手な社外とのファイル共有などを防止し、管理可能なオンプレミス環境でのプロジェクト運営を支援する。社内外の関係者は、モバイルアプリを通じて、外出先からのコンテンツの活用が容易になるという。

 ユーザーにとって必要性の高いファイルが最新版の状態に自動更新される新しいモバイルアプリケーションで外出先でも常に最新の情報にアクセスできると説明。例えば、企業のマーケティング部門が、社内の関連部門や外部のサプライヤーやパートナー企業とプロジェクトを進める際に活用することで、時間や距離を問わずコンテンツの共有やプロジェクトの運営が可能になるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]