松岡功の「今週の明言」

大塚商会社長が語るWindows Server更新需要への意気込み - (page 2)

松岡功

2014-08-08 12:34

 システム更新の必要性については、まさしくこれから業界全体で一層注力して、ユーザー企業に説いていかなければならない。同時に、個々のベンダーがこれから注力すべきなのは、大塚氏の冒頭の発言にある「魅力的な提案」だ。今回のシステム更新はクラウド利用などとも連携できることから、ベンダーが魅力的な提案を打ち出せるチャンスでもある。さて、勢いに乗る大塚商会がどんな魅力的な提案を打ち出すか、注目しておきたい。

「これからの企業におけるモバイル管理にはEnterprise Mobility Management(EMM)が求められる」
(米MobileIron Bob Tinker CEO)


米MobileIronのBob Tinker CEO

 企業向けモバイル管理システムを手掛ける米MobileIron(モバイルアイアン)が先ごろ、クラウド型モバイル管理サービス「MobileIron Cloud」を国内で提供すると発表した。サービスの内容はEnterprise Mobility Management(EMM)と呼ぶソリューションだ。同社最高経営責任者(CEO)のBob Tinker(ボブ・ティンカー)氏の冒頭の発言は、その発表会見で、EMMの将来性について語ったものである。

 MobileIron Cloudは、端末を管理する「Mobile Device Management(MDM)」に加え、業務アプリを管理する「Mobile Application Management(MAM)」、ファイル配信などを行う「Mobile Content Management(MCM)」の機能を備えている。同社ではこれら3つの機能を合わせてEMMと呼んでいる。

 これまで企業におけるモバイル管理については、MDMが注目されてきた。だが、Tinker氏は「企業がモバイルを戦略的に活用していくためには、MDMだけでは足りない」と断言。端末だけでなく業務アプリやファイルなどのコンテンツを一元的に管理できるEMMが必要になると強調した。

 MobileIron Cloudの詳しい内容については関連記事を参照いただくとして、ここで記しておきたいのはTinker氏率いるMobileIronのベンチャー魂である。

 2007年設立のMobileIronは、企業向けモバイル管理システム分野に特化したベンチャー企業だ。MDMからEMMへと拡大し、オンプレミスからクラウドへの対応も先陣を切ってきたという。2009年の初受注以来、顧客数は世界で6000社以上を数え、2013年の売上高で1億ドル超えを果たした。

 ただ、この分野の競争はここ数年、どんどん激しさを増しており、IBMやSAPなどの大手による専業ベンダーの買収も相次いでいる。そうした中で、確固たる顧客ベースを築きつつあるMobileIronの奮闘ぶりがにわかに注目される形となっている。

 今後、大手と真っ向から戦っていけるのかという記者の質問に対し、Tinker氏は「専業特化してきたからこそのノウハウを蓄積してきており、この分野の技術では先端と自負している。また、顧客から中立であることを支持してもらっている。この分野だけを見ると、逆に競合となる大手は存在しない。MobileIronが専業大手になる可能性は十分にある」と自信をのぞかせた。

 その心意気や良し。こうしたベンチャーには大いにがんばってもらいたい。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]