編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
三国大洋のスクラップブック

シリコンバレー発、ポストPC時代のエンタープライズ系ベンチャー企業群

三国大洋

2013-02-08 13:34


 1月6日(米国時間)、デルのLBO——上場廃止計画が正式に発表された。それでひとつ思い出したことがある。

 昨年の暮れあたりから、シリコンバレーのベンチャー企業に焦点を当てた記事がまた目立ってきた印象があり、この分野を得意とするTechCrunchのほか、Wall Street Journal(WSJ)やNew York Times(NYT)あたりでも、同じ会社名が並ぶ記事が掲載されるようになってきた。

 しかも、それらの記事の主役はエンタープライズ系、企業相手に製品やサービスを提供する比較的新しい一群のベンチャーなのだ。モバイルアプリなどを中心としたコンシューマー系のベンチャー企業に光があたっていた昨年のいまごろとは、その点で大きく異なっている。

 昨年5月にあったフェイスブックの株式公開が、少なくとも投資家からみれば期待はずれの結果に終わったあと、しばらく方向感に欠けている感じもあったベンチャーシーンだが、ここに来てまた大きく流れが変わろうとしているのかもしれない。

 こうしたグループの代表格とされているのがオンラインファイル共有サービスのボックス(Box)で、先日WSJに創業者兼CEOのアーロン・レヴィのインタビュービデオが掲載されていた。


 TechCrunchが1月下旬に掲載した「The Enterprise Cool Kids」と題する特集記事には、ボックスのほかに、オクタ(Okta)、クラウデラ(Cloudera)、ギットハブ(GitHub)、ゼンデスク(Zendesk)、アサナ(Asana)、グッドデータ(GoodData)、ニンブル・ストレージ(Nimble Storage)、モバイルアイアン(MobileIron)、タイドマーク(Tidemark)など、実にさまざまな企業名が並んでいる。

 さらに、こうした企業の中には、すでに評価額が10億ドルを超えたマルケト(Marketo)のような会社も複数存在するとNYTは書いている。

 事業(サービス)の内容も分野もさまざまなこれらの企業には、次のような共通点があるようだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]