編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

HP、クラウド基盤のEucalyptusを買収へ--M・ミコス氏がクラウドの責任者に

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-12 12:08

 Hewlett-Packard(HP)は米国時間9月11日、クラウド構築のためのオープンソースソフトウェアを提供するEucalyptus Systemsを買収すると発表した。

 Eucalyptusの最高経営責任者(CEO)Marten Mickos氏は、HPのCEOであるMeg Whitman氏直属のクラウド事業責任者として、事業を加速する役割を担う。オープンソースの信頼性と中立的なデータセンター事業者として認識されることは重要であり、MySQLの元CEOでもあるMickos氏は、HPがこうしたメッセージをより有効に伝えることに貢献する。買収条件は明らかにされていないが、これは金額がそれほど大きくはないことを示している。

 現在HPのクラウド事業を率いているMartin Fink氏は最高技術責任者(CTO)兼HP Labs責任者となり、Network Functions Virtualization(NFV)事業も管轄することになる。

 HPはアーキテクチャとしてOpenStackを支持してきており、EucalyptusもOpenStackをベースに事業を進めてきた。Eucalyptusが抱えている問題点は、Dellのパートナープログラムに参加し、Amazon Web Service(AWS)との連携にも深く関わっていることだ。HPはAWSとの互換性はオープンクラウドの重要な推進力として継続せざるえないだろうが、Dellについては好ましく思わないだろう。

 Eucalyptusのアーキテクチャは以下の図のようになっている。


 HPによると、買収手続きは2014会計年度第4四半期に完了する見込み。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]