編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

シスコ、「OpenStack as a Service」のMetacloudを買収へ

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-09-18 11:06

 Cisco Systemsは米国時間9月17日、プライベートクラウド企業のMetacloudを買収すると発表した。

 カリフォルニア州パサデナを拠点とするMetacloudは、小規模企業から大企業を対象にプライベートクラウドソリューションを提供するベンダーだ。同社の顧客には、ベンチャー企業からFortune 100にリストされている企業まで、さまざまな規模の企業が名を連ねる。Metacloudは「OpenStack as a Service(サービスとしてのOpenStack)」モデルをとり、顧客はすぐに利用できるプライベートクラウドを既存あるいは新しいデータセンターに実装できる。

 Ciscoは買収金額については公表していない。取引完了後、Metacloudの従業員はCiscoのクラウド事業に加わるという。

 CiscoはMetacloud買収について、グローバルな取り組みであるIntercloudを強化するためと説明している。Intercloudは世界中に分散したクラウドでネットワークを構築することでクラウド顧客のニーズを満たすことを目指す。

 3月に発表したIntercloud戦略は、オープンソースのOpenStackをベースにしたCiscoのクラウド基盤に対応するため、企業が作業する必要があるものだ。

 Metacloud買収についてCiscoは、顧客が「選択肢、柔軟性、データガバナンスを提供し、たくさんのクラウドで構成される新しい世界に向けてシームレスに移行する」にあたって、Metacloud技術は「重要な役割を満たす」と述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]