編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
Dreamforce 2014

セールスフォース、分析クラウド「Wave」を発表へ--市場拡大を目指す

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-14 11:04

 Salesforceは米国時間10月14日、分析機能をクラウド形式で提供する「Wave」を発表する。ビジネスユーザーがデータをより直感的に楽しく活用できることを目的とし、CRMからの他のビジネス分野へのプラットフォーム拡大を狙うもの。

 Waveは、同社の既存顧客である営業やマーケティング担当以外のビジネスユーザーをターゲットとする。Salesforceは分析分野に取り組むにあたってモバイルファーストにフォーカスしており、Waveはあらゆるデータソースからデータを収集できることを特徴とする。

 Waveのローンチは、同社の年次イベント「Dreamforce 2014」で最高経営責任者(CEO)のMarc Benioff氏自らが発表する。戦略からみると、2年がかりで開発したWaveは、ほとんどの機能を網羅するエンタープライズ向けベンダーを目指すというSalesforceの意図を反映するものだ。

 分析機能を提供することでSalesforceは顧客からさらなる収益を得られることになる。だが、真の狙いはSalesforceの潜在市場を拡大することにある。

 Benioff氏は発表にあたって、Waveがデータを広く利用可能にするものだというメッセージを打ち出すことになっている。Waveは企業にあるレガシーデータを取り出し、普通のビジネスユーザーが利用できるものにするというのがセールスポイントだ。

 Salesforceはまた、Waveのローンチにあたって30社との提携も発表する。この中にはAccenture、Deloitteなどのシステムインテーグレーター、それにInofrmaticaやMulesoftといったソフトウェアベンダーが含まれており、Waveに信用を加えている。Salesforceの幹部によると、Waveは任意のデータソースから構造化データと非構造化データの両方を取り出すことができるという。これには、提携関係にないOracle、SAP、Tableau、Splunkなどのアプリケーションも含まれるとのことだ。

 Salesforceは5種類のクラウドを展開しており、Waveは6種類目となる。そして今後数年の間、Waveこそ最も重要なクラウドになる可能性がある。

 というのも、Salesforceがエンタープライズ分野でユーザーの裾野を広げるにあたって、最善の方法は分析機能の提供だからだ。Salesforceは急速に成長したが、Oracleのような大企業になるにはCRM、営業とマーケティング、顧客サービスを超えた機能の提供が必要だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]