編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、Hadoopディストロ「HDInsight」で「Apache Storm」をサポート--プレビュー版も公開

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-10-16 11:42

 Microsoftは10月15日より、自社Hadoopディストリビューション「Azure HDInsight」での「Apache Storm」機能のプレビューを公開した。


 HDInsightはMicrosoftのクラウドベースのHadoopディストリビューションで、Hortonworksと共同で開発した経緯を持つ。Stormのサポートは「管理されたHadoopサービスを利用して、モノのインターネットデバイスから収集する数百万件のHadoopデータアイテムをほぼリアルタイムで処理」する機能を顧客に提供するにあたって、カギを握るものとなるとMicrosoftは位置づけている。

 Stormはストリーミングデータ処理のためのオープンソースシステムで、Hadoop 2系に対応する。さまざまなプログラミング言語を利用でき、リアルタイム分析、マシン学習などのタスク向けの処理に適している。AmazonのAmazon Web Services(AWS)はすでにStormに対応済みだ。

 Microsoftはこの発表を、米ニューヨークで開催中の「Strata + Hadoop World 2014」で行った。Microsoftは合わせて、Azure Marketplaceで最新のマシン学習機能を導入した。これを利用して、顧客やパートナー企業はWebサービスの形で新しい機能を活用できるという。

 Azure Marketplaceに加わった新しいサービスの1つが、ウェブサイトにおすすめ製品を加えるためのレコメンエンジンだ(このレコメンエンジン技術がMicrosoftのレコメンデーション・アズ・ア・サービス「Project Sage」に関係していたとしても不思議ではない)。このほか、予防保全や不正行為を検出するのための異常検出サービス、R言語パッケージなども含まれている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]