編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

「Microsoft Office」から「LibreOffice」へ--円滑な移行のための10カ条 - (page 3)

Jack Wallen (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2014-10-31 06:30

#8:Microsoft Officeで使用しているテンプレートをLibreOfficeに移行する

 日々の作業でテンプレートを活用しているパワーユーザーがいるのであれば、そういったテンプレートをLibreOfficeに移行しておくのがよいだろう。信じられないかもしれないが、こうした作業は簡単だ。Microsoft Officeのテンプレートをどこか1カ所に保存し、LibreOfficeからそれをオープンした後で、[File]-[Templates]-[Save As Template...]([ファイル]-[ドキュメントテンプレート]-[テンプレートとして保存...])を選択するだけだ。そうしておけば、ユーザーは[File]-[New]-[Template]([ファイル]-[新規作成]-[テンプレート])を選択し、My Templates(自分のテンプレート)セクションから必要なテンプレートを選択できるようになる。

#9:2つの生産性スイートの違いについて記述した説明書一式を作成する

 ユーザーの移行を迅速に進めるうえで最も手っ取り早い方法は、Microsoft OfficeとLibreOfficeの違いを浮き彫りにできるような比較資料一式を作成することだ。その際には、インストールしているMicrosoft Officeのバージョンに特化した比較を記述するようにしてほしい。そうしないと無用の混乱を招いてしまうだろう。

#10:ユーザーに十分な時間を与える

 一晩で移行が成し遂げられるなどと考えてはいけない。ユーザー全員が新しい環境に慣れるのに十分な時間をとっておいてほしい。またこれは、一部のユーザー、特に日々の定型業務で生産性スイートを多用しているユーザにとっては敷居の高い移行となる。しかし、Microsoft OfficeとLibreOfficeの双方をインストールし、十分なドキュメントを用意し、質疑応答の場を設けておくことで、エンドユーザーは数週間で快適に仕事を進められるようになるはずだ。移行に先立って十分な時間を用意すれば、問題が発生する可能性も低減できるのだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]