編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

王者ドイツを支援--SAPスポーツ担当に聞くITの可能性 - (page 4)

末岡洋子

2014-12-01 07:00

--SAPはスポーツでBtoBtoCに拡大する狙いもある。BtoBのイメージが強いSAPだが、どうやってコンシューマーに認知してもらうのか?

 今後デジタル世代、ミレニアム世代といわれる人々が職場に入ってくる。われわれの戦略は、個人や企業に技術を提供することだ。今後、もっとソニーやAppleなどのコンシューマーブランドのように行動する必要がある。スポーツやエンターテインメントへの進出もこれが背景にあり、差別化につなげていく。

 実は認知度は低くはなく、Interbrandの調査では、SAPは25位。これはFacebookやIkeaよりも上だ。SAPの事業は、人々の生活に大きなインパクトを与えている。平日の商取引の74%が何らかの形でSAPシステムを経由している。世界のビールの80%がSAPシステムを利用して製造されているのである。

 今年2月、パロアルトにHANAの名前をつけたセンターをオープンした。開発者向けだが小売業のコンセプトを持つものだ。今後もコンシューマーブランドの取り組みや活動を広げていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]