編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Exchange Server 2010」のアップデートを撤回

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-11 12:48

 Microsoftは、米国時間12月9日にリリースした「Microsoft Exchange Server 2010」向けアップデートを取り下げた。

 同アップデートは、「Microsoft Exchange Server 2010 Service Pack 3」の更新プログラムのロールアップ8であり、9日に複数リリースされたExchange Server向けアップデートのうちの1つだ。9日には他にも、「Microsoft Exchange Server 2007」向けと「Microsoft Exchange Server 2013」向けのアップデート、そしてExchange Server 2013向けのユニファイドメッセージング用言語パックもリリースされていた。

 Microsoftは今回、Exchange Server 2010向けアップデートに存在する問題により、「Outlook」からExchangeへの接続に影響が出ると述べている。同アップデートは、修正バージョンが利用可能になるまで、ダウンロードセンターをはじめとするチャネルから取り除かれている。Microsoftは、同アップデートを既に適用した顧客に対してロールバックの実施を推奨している。Outlookからの接続を回復させるにはロールバックを実施するだけでよい。

 9日にリリースされたExchange Server向けのセキュリティアップデートは実際のところ、11月の月例パッチから1カ月先延ばしにされていたものだ。

 ここ2年ほど、Microsoftによってリリースされるアップデートに問題が見つかることが珍しくなくなっている。同社は2013年8月にも、Exchange Server向けアップデートの撤回を余儀なくされていた。このアップデートの不具合は、Oracleが開発したコンポーネントに存在していたものだが、Exchange Serverの一部としてMicrosoftによって配布されたことに変わりはない。また同月、「Windows Media Services」向けのアップデートが取り下げられた後、再リリースされた。2013年には他にも、取り下げられたアップデートが複数あった。さらに、2014年夏にリリースされたいくつかのアップデートはユーザーのシステムに大きな問題を発生させたため、取り下げを余儀なくされた。同様に、9月にリリースされた「Microsoft Lync Server」向けアップデートもリリース後に取り下げられた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]