編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

インフォア、クラウド版ERP提供--AWS上で稼働、移行プログラムも

NO BUDGET

2014-12-26 13:49

 インフォアジャパンは12月25日、日本市場でもAmazon Web Services(AWS)で稼働する、同社の主要な統合基幹業務システム(ERP)パッケージのクラウド版の提供を開始した。既存のオンプレミスのERPをクラウド版に移行する「Infor UpgradeX」プログラムの提供も開始した。

 クラウドERPはサブスクリプションモデルで提供し、税別の参考価格は1ユーザーあたり最低価格が月額約1万3000円から。クラウドでの提供が開始されるのは、以下の3製品。

  • Infor CloudSuite LN:Infor LN(旧Baan)から移行
  • Infor CloudSuite M3:Infor M3(旧Movex)から移行
  • Infor CloudSuite SyteLine:Infor SyteLineから移行

 企業が実際にクラウドERPを検討する現場では、新規海外拠点で早期に立ち上げたいといったニーズや、現行の基幹業務システムをクラウドで補強、高度化したいというニーズ、もしくはその両方を組み合わせたニーズなど、企業のさまざまな需要に柔軟に対応できるクラウドERPが求められていると説明する。

 多くのベンダーが、オンプレミスとクラウドでそれぞれ異なるERP製品を提供しているのに対し、インフォアジャパンでは12月19日に自動車業界向けサービスを先行して提供開始した業種特化のクラウドERP「ソリューションスイート」に加えて、提供を始めるクラウド版と、オンプレミスからクラウドへと移行するUpgradeXを提供することで企業のさまざまなニーズに応えられるとしている。

 クラウドERPはサブスクリプションモデルとなっており、予算計画が容易に立てられるだけでなく、インフォアジャパンがユーザー企業に代わりクラウド上のシステム管理やサポート、トレーニング、最新版へのアップグレードを継続的に提供する。

 UpgradeXは、インフォアの業種別機能に強みを持つ各オンプレミスのERPの資産を直接クラウド上に移行し、システムの保有コストを削減、サービス中断時間の短縮による災害復旧(DR)対策を実現できるという。クラウド版の各ERPは最新のInfor 10xバージョンに対応しているため、企業はこれまでの独自のカスタマイズをしたシステムに代わり、最新の業種別の機能や分析機能を即座に利用できるとしている。

 UpgadeXでの移行を1年後までに20社、新規のクラウドERP導入と合わせて2015~2016年度に全売上のうちクラウド関連で25%とすることを目標としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]