編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

長野市民病院、電子カルテをAzureの日本データセンターにバックアップ

NO BUDGET

2015-01-06 17:06

 公益財団法人 長野市保健医療公社 長野市民病院は、大規模災害に備えた電子カルテデータの保全にクラウドを採用、2014年10月から運用を開始した。日本マイクロソフトが1月6日に公表した。

 長野市民病院は、55万人が暮らす長野医療圏の中核となる医療機関の一つ。大規模な災害発生時にも確実に診療継続できる体制を整えるため、以前から電子カルテなどの院内システムでも冗長化を図っている。2011年の東日本大震災と続く長野県北部地震の経験から、遠隔地へのデータバックアップの重要性を実感し、適正なコストで安心安全な運用が保証される仕組みを3年間探し続けていた。

 今回採用されたのは、IaaS/PaaS「Microsoft Azure」の日本データセンターとAzureをバックアップ先として連携する「QNAP Turbo NAS」。この組み合わせで安心安全な運用が保証される仕組みを構築。理想的なバックアップ環境を圧倒的な低コストで運用し、24時間365日の救急医療を災害時にも提供できる体制作りを実現するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]