編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ヴイエムウェア、モバイル機器管理のImmidioを買収

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-02-05 12:22

 VMwareがImmidioの買収を発表した。Immidioは企業向けのモバイル機器管理製品を手がける非公開のソフトウェア企業だ。

 Immidioはオランダのアムステルダムに拠点を置く、2008年創業の新興企業。エンドユーザーとIT部門のニーズを等しく捉えて尊重するのが、BYODに向けた同社のアプローチだと述べている。

 しかし同社によると、そうした等しい扱いはそこで終わるわけではないという。Immidioは仮想、物理、クラウドベースのデスクトップをまたがって一貫性のある(しかしパーソナライズされた)デジタルワークスペース環境をもたらす点も強調している。

 今回の買収は、サンフランシスコで米国時間2月3日から開催中のVMwareの年次パートナーカンファレンス「VMware Partner Exchange 2015」で発表された。VMwareは自社のポートフォリオを拡充し、企業顧客をモバイルクラウド分野に向けて後押ししようとしている。

 Immidioのソリューションはプラットフォームに依存しないように設計されているため、VMwareが2日に発表した「VMware vSphere 6」にもうまく適合する。

 VMwareのデスクトップ製品およびエンドユーザーコンピューティング担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるSumit Dhawan氏が3日のブログ投稿で詳しく説明しているところによると、Immidioの資産によって「VMwareは『Workspace Environment Management』のための一連の包括的なテクノロジを提供できるようになる」という。

 具体的には、Immidioのワークスペース仮想化プラットフォーム「Flex+」がリアルタイムアプリ配信製品「VMware App Volumes」(最近買収したCloudVolumesの製品に基づく)と、アプリケーションとエンドユーザーの監視を目的とする「VMware vRealize Operations Manager」と密に連携するようになる。

 Immidio買収に関する金銭的な詳細情報は明かされていない。


VMwareを差別化する3本の柱
提供:VMware

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]