編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

MS、IoT向けクラウドサービス「Azure IoT Suite」発表--IoT版Windows 10の計画も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-17 11:18

 Microsoftは米国時間3月16日、アトランタで開催したイベント「Convergence 2015」で、モノのインターネット(IoT)環境における決済、監視、解析を可能にするクラウドサービス「Azure IoT Suite」を発表し、「Azure」と「Windows 10」の組み合わせによるIoT戦略を打ち出した。Azure IoT Suiteは2015年中にプレビューが開始される予定。

 Azure IoT Suiteは、予測メンテナンスや資産管理などの幅広い用途に対応するツールを提供する。Microsoftは2014年の4月に、マシンデータの取得と管理に特化したAzureサービス「Azure Intelligent Systems Service」のプレビューを提供した。現在は、Azure IoT Suiteの一部となるアナリティクス製品「Azure Stream Analytics」がプレビューの段階にあり、4月に一般公開される予定だ。

 Microsoftは企業のIoT導入を、Azureを主軸に展開させたいと考えている。イベントでは、Azureが提供する各種IoT管理ツールの導入事例として、産業用オートメーション製品の企業であるRockwell Automationのケースが紹介された。


Microsoftが紹介したRockwell Automationの事例
提供:Microsoft

 また、Microsoftの最高経営責任者(CEO)であるSatya Nadella氏は、Windows 10をIoTプラットフォームとしても展開すると述べたうえで、IoT環境に対応したバージョンのWindows 10を提供する計画を発表した。この計画が実現されれば、単一プラットフォーム上のWindows 10が、IoTゲートウェイ、産業用ロボット、各種センサなど、IoTを構成するあらゆる要素にアクセスできるようになる。

 Microsoftの最終的な狙いは、AzureとWindows 10を最大限に活用し、企業とIoTを結合させる「接着剤」としての地位を確立することにあると思われる。もしもこの狙いが成功すれば、同社は爆発的な成長が見込まれているIoT市場の勢いに飛び乗ることで、デスクトップコンピュータへの依存体質から脱却すると同時に、成果の出ていないモバイル戦略によるマイナスイメージを払拭できるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]