Javaバージョンアップ調査分析サービスを開始--日本オラクル

NO BUDGET

2015-04-08 17:52

 日本オラクルは4月8日、旧来の「Java SE」や「Java EE」で開発された企業システムやアプリケーションのバージョンアップを前提とした調査と分析を実施する「Java 最適化ファーストステップサービス」の提供を開始すると発表した。

 企業内で使われているJavaベースのシステムにおいて、公開サポートの最終期限が切れた旧来版のJavaを使い続けるケースが多く見られ、セキュリティ面の懸念から新しいバージョンのJavaへの移行が急務となっている。

 また、現行のアプリケーションサーバの統合や保守切れによる移行を迫られるケースも存在する。今回のサービスは、そうした移行作業にまつわる課題に対するもの。

 具体的には、日本オラクルのコンサルティングサービス部門が、バージョンアップに際して顧客が抱える課題を抽出し、適切なJava環境への移行を提案する。始めにバージョン間での差異をソースコードレベルで調べ、結果報告と次のアクションを示す。

 また、オプションサービスとしてサードパーティ製フレームワークのライブラリ依存調査、アプリケーションサーバ製品間とバージョン間の差異調査なども提供する。

 同サービスで期待できるメリットは以下の通り。

  • バージョンアップの実現可能性を把握
  • バージョンアップに伴う修正規模を把握
  • バージョンアップに伴う影響調査の負担を軽減

 日本オラクルでは、内製化を進めていくユーザーを中心として同サービスを展開していくとのこと。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]