セキュリティソフト「ESET」新版、今秋から--クラウドからクライアントを管理

大河原克行 2015年04月17日 15時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ESETは、法人向けエンドポイント用セキュリティ対策ソフトウェアの新版「ESET Endpoint Protection v6」を開発。国内総販売代理店であるキヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)を通じて今秋から発売する。

 クライアント管理プログラム「ESET Remote Administrator(ERA)」をクラウド対応として提供。発売に先駆けて、クラウド対応製品「クラウド対応ERA(仮称)」の先行評価版を6月末から提供する。

クラウド対応ERAのイメージ
クラウド対応ERAのイメージ(キヤノンITS提供)

 Endpoint Protection v6は、不正送金ウイルスや標的型攻撃、脆弱性を狙った攻撃など、新種の脅威に対抗するための基本機能である独自開発のヒューリスティク技術に加えて、多重防御の機能を搭載したのが特徴としている。

 新版では、個人情報やFTPアカウントの盗用をブロックする「エクスプロイト ブロッカー」を搭載。アプリケーションの脆弱性を悪用する動作を監視し、疑わしい振る舞いを検出した際には動作をブロックする。

 パーソナルファイアウォール機能を利用して通信を解析し、リモートからのアクセスを検知し、ボットを検出する「ボットネット プロテクション」、難読化されたマルウェアも検出する「アドバンスド メモリスキャナー」、既知の脆弱性やセキュリティホールを悪用したウイルスによる攻撃、ハッキングによる外部からの攻撃に対する防御力を高めた「バルナラビリティシールド」も搭載している。

 ESETでは数カ月間に渡り、日本を含む6カ国でユーザーにヒアリング。この結果に基づき、数年をかけてプログラムの見直しに着手。クライアント管理プログラムのERAを刷新した。幅広い業種や規模の顧客に対する調査結果を分析。情報システム管理者が使いやすく、運用しやすい製品へと進化を遂げたという。

 ログイン後の最初の画面で、運用管理上必要な作業の大半を実行でき、管理者の作業や運用負担を大幅に軽減できるほか、ERAの管理コンソールを専用コンソールからウェブブラウザに変更。クライアントを簡単に管理できるようになったという。

 ERAとエージェント間の通信を暗号化。ネット経由でも安全なクライアント管理を実現したと説明。従来は社内ネットワーク上に設置する必要があったERAのサーバをクラウド環境に設置できる。Linux上でもERAサーバを構築でき、Windowsのクライアントアクセスライセンス(CAL)でコストを削減できるという。

Endpoint Protectionの製品構成
Endpoint Protectionの製品構成(キヤノンITS提供)
Richard Marko氏
ESET CEO Richard Marko氏

ユーザーの声を反映

 ESET最高経営責任者(CEO)のRichard Marko氏は、「いままでのアーキテクチャにとらわれずに、過去5年間の歳月をかけて開発してきた今回の新製品によって、ESETの新たな旅が始まることになる。従来のERAが開発された時代とは、大きな変化が起こっている。そのため、新たな開発に取り組んだ。これを出発点にさらなる進化を遂げることができると考えている」と新版の位置付けを語った。

 「言語にとらわれずにグローバルに展開する企業もERAを利用できる点も特徴だ。日本の企業にも訪問し、その声を反映した製品でもある。新製品では、新たな技術も数多く搭載することで、積極的に保護する。セキュリティソフトウェアを動作させていてもPCのスピードが落ちないのも特徴だ。PCの性能はセキュリティソフトウェアを動作させるためにあるのではない。また、安定的な稼働を実現し、適切なテストを自動的に行うユーザービリティにも自信がある」(Marko氏)

Ignacio Sbampato氏
ESET CSO/CMO Ignacio Sbampato氏

 ESET最高セールス責任者(CSO)で最高マーケティング責任者(CMO)のIgnacio Sbampato氏は「ERAは大手企業や中小企業の顧客のもとに出向いて声を聞き、いちから開発した。よりよいレポーティング機能、よりよいアラート機能、インタラクティブなダッシュボードが必要だという声もあった。これらを新製品に反映している。またパフォーマンスを損なうことなく、進化させている」と説明した。

 「これは、PCの寿命を伸ばすことにもつながっている。そして、セキュリティの設定を自動化してほしいという声にも対応した。新版を事前に利用したユーザー企業からは、モバイルデバイスでも使いやすい、セキュリティの安心感が高まった、管理性が高まったという声が出ていた。RIP & REPLACE機能で自動的に新たな製品に入れ替えられるという点での評価も高い。これは日本のユーザーからの声を反映したものである。新製品ではWindows、Mac、Android、Linux上で動作するほか、新たにMicrosoftのExchange ServerやVMwareのvShieldに対応した製品も投入することになる。新たな時代の始まりになる」(Sbampato氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]