編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

CoreOSの「appc」、グーグルやレッドハットがサポートへ

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-05-07 15:45

 サンフランシスコで米国時間5月4日~5日の日程で開催された、分散システムとアプリケーションコンテナに関するイベント「CoreOS Fest 2015」において、Red HatとGoogle、VMware、Apceraは「App Container spec」(appc)のサポートを発表した。appcとは、アプリケーションコンテナのイメージフォーマットや、ランタイム環境、検索メカニズムを定義する仕様であり、現在コミュニティーベースで策定作業が進められている。

 CoreOSがappcの策定作業を開始したのは、Dockerが単なるオープン標準のコンテナ仕様ではなくなり、さまざまなツール一式が「サーバ上で主に管理者権限で実行されるモノリシックなバイナリへと集積されている」現状を受けてのことだ。CoreOSの最高経営責任者(CEO)Alex Polvi氏は「セキュリティおよびコンポーザビリティという観点から見た場合、あらゆるものを一元管理されたDockerデーモンで実行するというDockerのプロセスモデルは根本的な問題を抱えている」と確信している。appcはDockerの初期の思想に立ち戻ることを意図している。

 CoreOSのコンテナフォーマットであるRocket(rkt)はappcをベースにしている。とは言うものの、CoreOSはappcを統制するわけではない。

 appcプロジェクトは、appcをコミュニティー主導の取り組みにしておくためにガバナンスポリシーを確立するとともに、新たなコミュニティー維持管理者としてTwitterのCharles Aylward氏とRed HatのVincent Batts氏、GoogleのTim Hockins氏を選出した。そしてこれらの企業が協力し、アプリケーションコンテナの業界標準を策定し、セキュリティとオープン性、スタック間のモジュラリティを追求することになる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]