編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
海外コメンタリー

「PostgreSQL」が好調--Oracle DBの牙城に迫る? - (page 2)

Matt Asay (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-07-06 06:30

 これが本当なら、Postgresの新規導入例は大きく増えることになる。しかし、調査対象の41%が、導入1年目に費用が50%以上削減されたと述べていることを考えれば、これも驚くことではないのかもしれない。ビッグデータアプリケーションでは、MongoDBやCassandra、あるいはその他のNoSQLデータベースが選択されることが多いと考えられるため、PostgresはOracleやIBMの「DB2」、あるいはその他の従来型のRDBMSの置き換えとしてシェアを開拓しつつあるということだろう。

 しかし、これは本当だろうか?上に挙げたPostgresに関する数字は、少し大げさなように感じられる。例えば、一部の古くからのOracleユーザーは、Oracleとの価格交渉の材料としてPostgresへの切り替えを検討したが、実際には切り替えるつもりはなかったという話がある。Salesforce.comも似たようなことをしている

損失は大きくなるばかり

 それでも、何かが変わりつつあるのは明らかだ。

 Oracleは、最新の決算業績予想に届かなかった理由について、為替変動による業績悪化が原因だったとしている。しかし、それは多くの原因の中の1つにすぎない。実際、Oracleが最後に2期続けて業績予想を達成したのがいつだったかを思い出すのは難しい。この数年は、業績予想を達成するよりも、届かないことの方が多い。

 Oracleはずっと、理由として営業の失敗や為替変動などを挙げてきた。

 同社は言及したことがないが、Bloombergは業績悪化の原因としてオープンソースデータベースとの競争を挙げた。「(オープンソースデータベースの)影響は、Oracleの新規ソフトウェアライセンスの売上に現れており、この数字は前年同期比で7四半期連続で減少している」

 Bloombergは、Oracleの新規ライセンス販売の低迷の理由は、スタートアップ企業がほぼ全面的にOracleを無視していることだと述べているが、これまでスタートアップ企業がOracleの利益に大きな影響を与えたことはない。より影響が大きいのは、その記事でも指摘しているとおり、Goldman Sachsなどの大手企業がOracleからオープンソースデータベースへと乗り換えつつあることだろう。Goldman Sachsの技術部門の共同責任者は、Businessweekに対して「当社のデータセンターに行けば、当社が使っているアプリケーションやミドルウェアで大量のオープンソースが使われているのが分かるはずだ」と語っている。

 大企業が次に採用するデータベースにオープンソースを選ぶだけの理由は十分にある。しかも、Postgresに関する調査のデータを見る限りでは、どのオープンソースデータベースでもよいわけではないようだ。Postgresであれば、企業が新しいクエリ言語や、新しいデータ構造化手法を覚える必要はない。機能を犠牲にする必要もなく、Oracleと同程度かそれ以上のパフォーマンスが得られる。

 その上、価格はゼロだ。

 雇用統計は、Postgresがスタートアップ企業で人気を博していることを示している。しかし、その優れた性能と、機能的にOracleに似ていることを考えれば、エンタープライズ顧客の人気も上がって当然だ。EnterpriseDBの調査が示すほどのスピードではないかもしれないが、Oracleがかつて持っていた顧客のデータベース購入判断を支配する力を、Postgresがむしばみつつあることは明らかだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]