タブレット市場、ビジネスや教育分野がカギに--IDC予測

山田竜司 (編集部) 2015年07月02日 14時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IDC Japanは7月1日、eReaderを除くタブレット市場の1~3月の出荷台数実績値を発表した。タブレット端末の出荷台数は、前年同期比13.6%増の229万台、ビジネス市場での出荷が好調に推移したことによる下支えが大きな要因という。

 ビジネス市場では、教育市場向けを中心としてAndroidとWindowsタブレットの需要が拡大したことに伴い、出荷台数が増加し、前年同期比39.2%増の88万台となった。

 一方、家庭市場では、Wi-Fiモデルを中心にタブレット需要が減少しているものの、アップルの「iPadシリーズ」の出荷が回線付きモデルを中心に好調に推移し、前年同期比1.9%増の141万台となった。このように、ビジネス市場での高い伸びによって、国内タブレット市場は前年同期比で2桁の高い成長率を維持している。

 国内タブレット市場出荷台数の上位6社はアップル、ASUS、富士通、東芝、NEC Lenovoグループ、日本マイクロソフトとなった。アップルは4G回線付きモデルを中心として前年同期比11.5%増、42.8%のシェアを持つ。

 また、ASUSは、従来のNexus 7シリーズの後継であるMeMOシリーズの出荷により、8.7%のシェアで第2位。富士通は、教育市場向けの出荷が好調に推移し7.0%のシェアを持つ。以下、上位グループとして東芝、NEC Lenovoグループおよび日本マイクロソフトが続いた。

 IDCは、家庭市場のタブレットは、購入が一巡したことで買替えが中心の市場となり、今後新たな利用方法やキラーアプリが望まれる状況であると指摘。一方、ビジネス市場では企業や教育市場でのタブレットをシステムの中に取り入れた製品やサービスの拡大によって出荷が増加していくと予測した。このビジネス市場の拡大によってタブレット市場は支えられていくとみている。特に2016年以降では、日本郵政グループによる高齢者向けタブレットの配布によって市場は拡大していくと見込んでいる。


2015年第1四半期 国内タブレット市場 ベンダー別シェア (出荷台数):IDC提供

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算