編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Dropbox、U2F規格のUSBセキュリティキーによる認証に対応

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-17 10:32

 Dropboxは米国時間8月12日、FIDO Universal 2nd Factor(U2F)規格に準拠した2段階認証に対応したとブログで発表した。これにより同社が提供するクラウドストレージサービスのセキュリティを向上させるとともに、企業に新たなセキュリティオプションを提供する。

 この認証形態では、USBポートに接続されたU2F対応デバイスによってDropboxのログイン認証が行われる。パスワードを入力したり、携帯電話に送られてきたコードを入力するのではなく、このUSBデバイスを鍵代わりに使うというわけだ。

 U2F規格のセキュリティキーは、Dropboxや、U2Fに対応しているその他のサービスから設定が可能となっている。なお、U2F規格はFIDO Allianceが提唱するオープン規格だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]