編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

「Office Online」と「Dropbox」の連携を試してみた--クラウドでより便利に

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-04-24 06:15

 Microsoftはここ1年ほどで「Office」製品の幅を広げ、「iOS」向けや「Android」向けのアプリを、時にはWindows部門の力を借りながらリリースしてきている。

 そういった拡張はブラウザにまで及んでいる。「Office Online」のアカウントを持っているユーザーであれば、それが無償であるか有償であるかに関係なく、「Dropbox」アカウントと連携できるようになっている。これにより、オンライン上での「Word」のドキュメントや「Excel」のスプレッドシート、「PowerPoint」のプレゼンテーションのシームレスな作成や閲覧、編集、共有が可能になる。

 つまり、Microsoftのこの大胆な決断によって、3億人以上のDropboxユーザーにとっての不協和音の元が取り除かれることになったわけだ。これらユーザーの多くはDropboxと競合するMicrosoftのファイルストレージサービス「OneDrive」や「OneDrive for Business」を支持していなかった、あるいは支持できなかったのだ。

 筆者は手持ちのDropboxアカウントを「Office 365 Personal」と「Office 365 Enterprise」というサブスクリプション製品に追加した。また、2つ目のDropboxアカウントを用意し、「Office 365」をサブスクリプションしていない新たなOffice Onlineアカウントに追加してみた。以下に、実際に両製品を連携させた際の動作を概説するとともに、気付いた点を紹介する。

 Office Onlineにサインインすると、Office OnlineにDropboxアカウントを追加するためのリンクとともに以下のような新着情報が表示された。


 追加作業はスムーズだった。ただ筆者は、Dropboxアカウントで2段階認証を有効にしているため、作業を完了させるにはセキュリティコードの入力が必要だった。Dropboxは過去にセキュリティ上の問題を起こしたこともあったが、その時の教訓が生かされているようだ。


 Office OnlineにDropboxを追加すると、「Word Online」や「Excel Online」「PowerPoint Online」の「新規作成」ページ上の「場所」に2つの選択肢が表示されるようになるはずだ。デフォルトの保存場所はOneDrive(Office Onlineの無償カウントや「Office 365 Home」、Office 365 Personalのサブスクリプションを使用する場合)、あるいはOneDrive for Business(「Office 365 Business」やOffice 365 Enterpriseのサブスクリプションを使用する場合)となっている。しかし、ページ上部にある「場所」というドロップダウンリストを使って保存場所をDropboxに変更すれば、そこに新規ファイルを作成できるようになる。

 また、ページ左下隅にある「Dropboxから開く」というリンクをクリックすると、新たなブラウザウィンドウがポップアップし、そこからDropbox内にある既存のOfficeファイルを選択し、編集することもできる。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]