Linux専用メインフレーム「LinuxONE」、IBM自らOSSを移植

日川佳三 2015年08月24日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは8月24日、基幹業務にLinuxを活用しやすくする試みとして、Linuxとオープンソースソフトウェア(OSS)を動作させる目的に特化してソフトウェアやライセンスなどをパッケージングしたメインフレーム製品「IBM LinuxONE」(写真1)を発表した。ハードウェアは既存のメインフレーム「IBM z Systems」の2機種と同一。新たに従量課金を選択できるようにしている。従量課金選択時の価格は、最小構成で月額98万円から。

 以前から日本IBMは、メインフレームのLinux対応に注力してきた。メインフレーム上では、専用OSの「z/OS」(以前のOS/390)だけでなく、Linux(Red HatとSUSE)が動作する。z/OSのライセンスは必須ではなく、純粋にLinuxサーバとして導入できる。主に、大量の仮想サーバを1台のメインフレームに集約し、Linuxサーバのクラウド基盤として使うことを想定している。

LinuxONE Emperorの外観
写真1:LinuxONE Emperorの外観(z13とzEC12とは色違い)

 ただし、「基幹業務の用途ではLinuxの実績はまだ少ない」と、日本IBMでハイエンド・システム事業部長を務める朝海孝氏は指摘する。この状況を打破するために、今回LinuxONEを投入した。LinuxONEはメインフレームの新製品だが、基幹業務へのLinuxの活用を促進する試みとして、OSSへの取り組みなどの周辺要素を包含した戦略でもある。

IBM自身がOSSをポーティング、配布

 LinuxONEでは、ハードウェアは既存のメインフレームそのままに、OSSへの対応を強化した。具体的には、IBM自らOSSのポーティング(移植)や配布などに関わることで、メインフレーム上で動作するOSSの種類を増やした(図1)。利用できるLinuxの種類も増やし、Red HatとSUSEに加えてUbuntsuも使えるようにした。さらに、ライセンス面で従量課金を選べるようにした。

IBM自らOSSをポーティング、配布してメインフレーム上で動作、サポートするOSSを増やす
図1:IBM自らOSSをポーティング、配布してメインフレーム上で動作、サポートするOSSを増やす

 これまで、OSSをメインフレームで動作させる場合、OSSのディストリビューターがポーティングしてバイナリを配布するのを待つか、あるいは企業が自分でポーティングしてコンパイルして使うしかなかった。これに対してLinuxONEでは、IBMの専任チーム「IBMオープン・ソース エコシステムチーム」がこれらの作業を実施し、動作テストを経てから配布する。

朝海孝氏
日本IBM 理事 IBMシステムズ・ハードウエア事業本部 ハイエンド・システム事業部長 朝海孝氏

 LinuxONEは、仮想サーバ350~8000台の稼働を想定するハイエンドモデル「LinuxONE Emperor」と、仮想サーバ40~600台に向くミッドレンジモデル「LinuxONE Rockhopper」の2機種で構成する。Emperorのハードウェアは既存のz13およびzEC12と同等で、Rockhopperのハードウェアは既存のzBC12と同等だ。LinuxONEで利用可能なOSSはすべて既存のメインフレームでもそのまま利用できる。

 朝海氏は、メインフレームをLinuxサーバのプラットフォームにメインフレームを使うメリットを3つ挙げる。1つは、1台で大量の仮想サーバを集約できるので、複数のサーバで構成するシステム全体を1台で管理できること。1つは、スケールアウトとスケールアップ両方の拡張性の高さ。1つは、ハードウェア暗号化やDR(災害復旧)機能、障害予兆機能などのセキュリティや可用性の高さだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]