編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

Hortonworks、「Apache NiFi」手がけるOnyaraを買収

Andrew Brust (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-26 10:55

 「Apache Hadoop」のディストリビューターであるHortonworksは米国時間8月25日、データフロー管理ソリューション「Apache NiFi」を手がけるOnyaraを買収し、同ソリューションのHortonworks版となる「Hortonworks DataFlow」をリリースすると発表した。なお、同ソリューションはHadoopをベースにした「Hortonworks Data Platform」を補完するものとして別途、サブスクリプション形式で提供される。

 NiFiは元々、米国家安全保障局(NSA)のプロジェクトから生まれたものであり、この7月にApache Software Foundation(ASF)のトップレベルプロジェクト(TLP)に昇格している。NiFiはデータフローのオーケストレーションを実現するためのソリューションであり、ブラウザ上で「四角と線をつないでいく」ことでデータフローの管理作業を行えるというビジュアルなGUIを特長としている。

 Hortonworksは実質的に、NiFiをHadoopと対等の位置付けにしようとしており、前者を「Data in Motion」(特定の保存場所は持たないが、すぐに移送でき、使用可能な状態にあるデータ:Wikipediaの「IoT」の項目を参照のこと)のためのプラットフォームに、そして後者を「Data at Rest」(アーカイブ目的等で保存されている、保存場所は固定であるがすぐに使えないデータ)のためのプラットフォームにしようとしている。

 HortonworksのHadoopディストリビューションを構成する要素であり、Data in Motionを扱う「Apache Storm」や「Spark Streaming」という「お気に入り」の製品に対して、このことがどのような影響を及ぼすのかは明らかになってない。ただ、NiFiはSparkだけでなく「Apache Kafka」やHadoop自身とも統合できる。

 ストリーミングデータ(そしてIoT)を対象とする商用クラウドプラットフォームを提供しているAmazon Web Services(AWS)やMicrosoft、Googleといった企業が、Hortonworksのこの戦略にどのような反応を見せるのか、あるいは何らかの対応を迫られるのかが興味深いところだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]