ハイブリッドクラウド座談会(2)--エンタープライズ × AWSをさまざまな視点で議論 - (page 3)

怒賀新也 (編集部) 山田竜司 (編集部) 吉澤亨史 2015年09月28日 07時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

オラクル 佐藤氏 AWSはどんどん発展している企業と理解していますが、そのクラウドサービスをエンタープライズで使う際には注意が必要だと思っています。エンタープライズのアプリケーションには、さまざまな特性があります。AWSが基幹向けに特化した高スペックなマシンを用意するのであれば、基幹系やエンタープライズでもいけると思います。

 また、クラウドは下から見るか上から見るか、あるいはクラウドファーストで見るのかによって、変わってきます。例えばデジタルマーケティングのためにゼロからクラウドで仕組みを作ろうとしたら、3年かかるかもしれない。そういうものは、すでにあるシステムを借りればいいと思います。気に入ったSaaSのアプリケーションを拡張したいときには、オラクルのPaaSやIaaSのプラットフォームで、上のレイヤから拡張できます。

 もう少し具体的に言えば、IAサーバで動かないものを汎用サーバで使いたいなど、ハードウェアとソフトウェアをある程度密接に連携させたものが、エンタープライズ分野で受け入れられています。そこにわれわれの存在価値があると思っています。さらに、プロセッサ上に直接ソフトウェアを埋め込む「ソフトウェアインシリコン」も、オラクルのパブリッククラウドなら利用できるのです。


マイクロソフト 各務氏 エンタープライズや基幹、ミッションクリティカルにもいろいろなレベルがあります。私はユーザー企業にいたことがあり、止まると大問題になるシステムを担当していました。プライベートクラウドで使っていたシステムは、基盤にVMwareを採用しており、99.999%というSLAを設定していました。ミッションクリティカルとは結局、SLA、セキュリティとパフォーマンス、可用性だと考えています。

 クラウドのセキュリティはもう大丈夫だと言われており、パフォーマンス面も一部の使い方を除けば十分にクラウドで実装できるようになっています。最後に残るのは可用性でして、その中でも一番問題になるのがメンテナンスです。自分の思ったときにメンテナンスできないことが、顧客が考える問題点です。

 プライベートクラウドは計画停止できます。もしも、パブリッククラウドでメンテナンスの停止時間をゼロ近いものにする、あるいは顧客が管理できるようになれば、そのときはパブリッククラウドとオンプレミスの差はほぼなくなると考えていい。マイクロソフトとしてアピールしますと、メンテナンスの時に止まらないような仕組みを、今実際に作っています。最終的に100%をパブリッククラウドに載せるのは私も難しいと思いますが、運用の自治権の比率次第で顧客のクラウドに移行する比率が変わってくると思います。

VMware 巨勢氏 AWSですが、間違いなく市場を作った企業だと思います。私もさまざまなセグメント、顧客の9割方が何らかの形でAWSユーザー、あるいは使ったことがあると聞いています。私もいちユーザーとして使ったことがあります。ユーザーの立場で考えると、新たに会社を立ち上げて、何もITがない状況ならば、おそらくAWSを採用すると思います。それほどオープンなサービスを準備していますので、固定資産を持たずして、ビジネスの土台として一定の質を持ったシステムを作れます。

 しかし、エンタープライズでは話は別だと思っています。当然、既存の資産がありますから、それもAWSに持っていくワークロードを考えると、非常に多くの作り込みをしなくてはなりません。実際にエンタープライズのミッションクリティカルなアプリケーションをAWSに持っていって、想定以上の工数がかかったという話も聞いています。それでは本末転倒です。

 つまり、クラウドを既存の資産とまったく関係のない所に作るとすれば、AWSは非常に良いオプションです。これはAWSに限らず、MicrosoftのAzureもそうですし、他のクラウド事業者、VMwareもパブリッククラウドサービス「vCloud Air」を持っていますが、そういったオプションは必ずあると思います。ただ、エンタープライズの企業が今まで培った資産を使った次の新しい仕事を作るにあたっては、やはりハードルが高いケースが多いというのが率直な感想ですね。

座談会の様子
座談会の様子

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
“真FinTech” 地域金融の行方
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
スペシャル
デジタル時代を支える顧客接点改革
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
エンタープライズトレンドの読み方
10の事情
座談会@ZDNet
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]