米ZDNet編集長Larryの独り言

ガートナーの2016年戦略的テクノロジTop10を考察--「デバイスメッシュ」とは?

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎 2015年10月09日 06時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フロリダ州オーランド発--Gartnerが提唱する2016年の戦略トレンドでは、モノのインターネット(IoT)、スマートマシン、およびそれらのテクノロジをビジネスと結びつける「デジタルな接着剤」に重点が置かれている。

 以下の図は、Gartnerが注目する技術のトップ10を示している。


 同社がGartner Symposium ITxpoで発表したリストで示した「接着剤」は、「デバイスメッシュ」と呼ばれるものだ。デバイスメッシュのような用語は、3年前にGartnerが提唱した「力の結節」に似た流行語のように聞こえるが、概念はしっかりしている。デジタルメッシュとは要するに、さまざまなエンドポイントをつなぐ動的なネットワークを指す。このネットワークはあらゆるデバイスをつなぐ。

 簡単に言えば、デバイスメッシュはIoTの延長線上にあるが、究極的には拡張現実や仮想現実、そしてウェアラブルデバイスなど常時身に付けているものから得られる体験を結びつけるものだ。GartnerのDavid Cearley氏は、今後アプリケーションの設計は、ますますパーソナライゼーションや、複数のデバイスや利用場面を横断するような文脈を重視するようになると述べている。

 Cearley氏は、2016年にはプラットフォームに依存したアプリが必要なくなる、「ポストアプリ時代」への移行が始まると考えている。一部のアプリでは、通知がアプリの機能の代替として使われるようになる。モノの自動化はさらに進む。そしてアプリは、人間の目に触れないことが多くなるかもしれない。

 2016年の戦略的テクノロジの1つである3Dプリンティングは、今ではよく知られているテクノロジだ。3Dプリンティングは、2016年にさらに規模が大きくなることに加え、複数の材料をプリントできるようになり、より強力になる。

 スマートマシンは、Symposium ITxpoでGartnerが強力に売り込んでいるアイデアだ。機械学習や、IoT、オートメーションといったテクノロジは、究極的には企業を自律的な存在にする。今回Gartnerが提示する論点の多くは、最高情報責任者(CIO)がより自律的になることに主眼に置いている。

 この文脈においては、情報は頭痛の種になる。データはビジネスの生命線とも言えるものだが、何を取っておき、何を誰に公開し、何を要約し、何を管理するかは難しい問題だ。情報、知識、ソーシャルグラフはもちろんのこと、それらを処理するアルゴリズムも重要になる。

 機械学習は、「アルゴリズム的ビジネス」を後押しするもう1つの技術だ。ビジネスをアルゴリズムに基づいて行うことは可能なのだろうか。少なくとも、今後誰かがそれを試そうとすることは確実だろう。

 また、Gartnerが10のうち4つをアーキテクチャにあてたことは重要だ。ベンダーはみな魔法の特効薬を持っていると主張するが、企業はそれらの部品を組み合わせて、首尾一貫したビジネスの枠組みを生み出すという困難な課題に直面することになる。

 セキュリティはより予測可能で、連続的な監視とアナリティクスを提供できるものになる必要がある。そのアーキテクチャは、攻撃を予想し、その予想を動的に変えていくことが可能でなくてはならない。また、アプリケーションも自分自身を守れるようになる必要がある。

 また、Gartnerはシステムアーキテクチャに関して、グラフィック以外の文脈で能力を発揮するGPUの重要性が増すと指摘している。Gartnerの指摘が正しければ、NVIDIAはエンタープライズ市場で、スーパーコンピューティング以外の分野にも進出していく可能性がある。

 ソフトウェアアーキテクチャについては、企業は巨大なモノリシックアプリケーションを、マイクロサービスで置き換えていくことを考えていく必要が出てくるという。この文脈ではDockerのようなテクノロジが重要となるだろう。

 IoTのアーキテクチャに関しては、2018までは支配的なエコシステムは出てこないというのがGartnerの予想だ。それを考えれば、IBMからGE、Salesforceに至るまで、あらゆる企業がIoTの分野に参入しようとしているのも当然のことと言えるだろう。企業は当面、独自にプラットフォームを整備し、IoTとバックエンドを統合する必要がある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化