編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
OpenStack Summit

クラウドでは相互接続性が重要--インテルがOpenStackに注力する理由

怒賀新也 (編集部)

2015-10-29 08:19

 10月27日から3日間、東京・品川で「OpenStack Summit Tokyo」が開催されている。日本のイベントというよりも、国際イベントが東京で開催されているという位置づけであるため、スピーカー、来場者ともに国際色豊かなのが印象的だ。

 企業がクラウド基盤を構築するにあたり、サーバやネットワークの仮想化などの機能として、VMwareやMicrosoftといったベンダーが提供する選択肢と並んで、OpenStackを中心としたオープンソースを選ぶようになってきている。

Intel Open Source Technology Centerのゼネラルマネージャーを務めるImad Sousou氏
Intel Open Source Technology Centerのゼネラルマネージャーを務めるImad Sousou氏

 さまざまなITベンダーも、OpenStackへの注力を表明している。プロセッサ最大手Intelもその1つ。初日の基調講演にも登壇した米Intelのソフトウェア/サービスグループのバイスプレジデントで、Intel Open Source Technology Centerのゼネラルマネージャーを務めるImad Sousou氏に、話を聞いた。

 IntelのOpenStackに注力する最終的な目的は、あくまでも、コアビジネスであるプロセッサを中心としたプラットフォームの収益増だという。

 Internet of Things(IoT)の進展などにより、大量のトラフィックがネットワークを流れる時、それを処理するデータセンターが必要になる。「産業のトレンドを見極め、拡大するトラフィックをIntel Platformで受け止められるようにする」(Sousou氏)

 そのデータセンター構築において、イニシアティブを取るのがIntelの戦略だ。Intelの広報によると、スマホなどのモバイル端末が200台増えるごとに、その処理のためにサーバが1台必要になるとのこと。「モバイル端末向けプロセッサでIntelが出遅れた」との指摘があるが、端末が増える分だけ、確実に同社の収益が増えるのも事実。もちろん、モバイル端末自体の市場を取れればそれに越したことはない、とも加えている。

 Sousou氏は、Intelによる最近のOpenStackへの取り組みについて解説する。7月に、クラウドの普及とソフトウェアの開発を推進する「Cloud for All」という新構想を発表した。投資と業界のコラボレーションを交えた新たな戦略だ。

 8月24日には、OpenStackの開発を手掛けるMirantisに1億ドル出資することを表明した。「OpenStackにおけるエンジニアリング面での貢献とともに、ISV(独立系ソフトウェアベンダー)がより良いソフトウェアを開発できるようにするといった意味で、エコシステムの確立を支援したい」(Sousou氏)としている。

 エンタープライズシステムにおける、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドのワークロードの比率の見通しについて「まだ語るのは時期尚早」としながら、「パブリックとプライベートの両クラウド間の相互接続性を確保することが重要」とコメントした。

 今回、技術的なポイントの1つになったのが、OpenStackの仮想ネットワークを制御するコンポーネント「Neutron」と、ベアメタルサーバを管理するコンポーネント「Ironic」を仮想スイッチ機能で連携させる技術。仮想マシンと仮想化していないサーバをOpenStack上で一括管理できるようにするもので、Sousou氏が強調する相互接続性確保という話にもつながってくる。

ヤフージャパンの事例は「世界でも初めて」

 東京で開催されたOpenStack Summitについて「5000人を超える来場者を集めており、すばらしい。NECなどがOpenStackのボードメンバーを務めているが、日本企業がOpenStack発展において大きく貢献していることを認識した」とのこと。

 ユーザー動向では「(米Yahoo!ではなく)ヤフージャパンのOpenStackを用いたスケールアップの事例に感銘を受けた。その方法は非常に難しく、ワールドワイドで見ても初めてと言えるものだった」と話している。

 そのヤフージャパンは初日の基調講演で、OpenStackをコアにデータセンターを抽象化したと説明。複数のベンダーが共同でソフトウェアを開発して共通のAPIでつなぐこと、その成果をコミュニティに戻すことが非常に重要であるとの見解を示した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]