編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」
調査

「Windows 10」の普及が減速--根本原因を探る必要あり?

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2015-11-06 06:30

 NetMarketShareが毎月発表している、デスクトップOS利用シェアの最新の数字が出た。それによると、「Windows 7」と「Windows 8/8.1」のユーザーが現OSの利用を継続する傾向が強まり、「Windows 10」の増加は減速している。


提供:NetMarketShare

 OSの利用シェアに関する議論になると、全体像よりも細かな数字にこだわる人が多い傾向がある。今回はパーセンテージの上下にこだわるのではなく(その種の情報が好きな人のために、数字は示すことにする)、全体的な傾向のパターンについて考えたい。

 10月の変動は以下の通りだ。

  • Windows 10の利用率はわずかに増加した(6.63%から7.94%になり、1.31ポイント上昇)。この増加スピードは、9月に比べ減速している(9月には、Windows 10の利用率は1.42ポイント増加した)。
  • Windows 7は半分以上のコンピュータで使用されており、10月の減少幅は1ポイント未満だった(現在のシェアは55.71%で、0.82ポイントの減少)。
  • Windows 8と8.1のユーザーは、ほとんど移行していない(この2つのOSの合計シェアは13.22%で、0.10ポイントしか減少していない)。
  • Windows XPの利用率も、事実上変化していない(現在のシェアは11.68%で、0.53ポイントの減少)。

 StatCounterによる10月の統計も、同様の傾向を示している。

 Windows 10へのアップグレードが無償で提供されることが明らかになったとき、筆者は現状よりもはるかに早いペースで導入が進むと予想していた(「iOS」、「OS X」、「Android」の導入ペースを見れば、無料で提供されたものは喜んで使う人が多いように思える)。しかし、現在のOSシェアの傾向を見る限り、このことはWindowsには当てはまらない。そしてこれは、Microsoftが事前にユーザーに「登録」を促すなど、興味のないユーザーに積極的に売り込んでいた上での結果なのだ。

 これだけ動きが鈍いのには、明らかに何か原因があるし、ユーザーにアップグレードを強制することが問題の解決に繋がるとも思えない。Microsoftは、なぜ消費者がMicrosoftの無償アップグレードの勧めに価値を見いだしていないのかという、元々の原因を解決する必要があるだろう。

 それに加え、Windows 10は悪いオペレーティングシステムではない。確かに、筆者は今でも時折、性能や安定性の問題に遭遇しているが、11月中の提供が予定されている「Threshold 2」では改善されると期待している。だが、あまり目立つ特徴がないことも確かだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]