編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

NEC、自社基幹システムのプラットフォームを全面刷新

NO BUDGET

2015-11-25 08:19

 NECは、経営スピードの向上、効率化を目指し、自社基幹システムのプラットフォームを全面刷新すると今月初旬に発表した。2016年度中に完了する予定。完了後は、システム運用コストの25%が削減する。

 刷新するプラットフォームは、自社グループの販売・経理・購買業務を支えるもの。インメモリプラットフォーム「SAP HANA」を採用するほか、エンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」をはじめとする自社製品を活用して仮想環境を構築する。また、NECのクラウド基盤サービス「NEC Cloud IaaS」が保有する統合デリバリ管理基盤や運用ノウハウなども活用する。

 HANAは、SAPの次世代ビジネススイート「SAP S/4HANA」適用の第一ステップとして採用する。これにより、受注・売上計上や入金引当などオンライン業務処理の高速化を図ると同時に、基幹システムに蓄積される数億件以上の業績、見込、収支などの情報といった経営データをリアルタイム処理・分析し、経営判断・業務判断のスピードアップを実現する。

 自社製品では、エンタープライズサーバ「NX7700xシリーズ」やストレージ「iStorage M5000」、高可用性クラスタリングソフトウェア「CLUSTERPRO X」、SDN対応製品「UNIVERGE PFシリーズ」などを活用する。VMware製品で仮想環境を構築、運用することで、基幹業務の安定運用と物理サーバ台数の70%削減を両立する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]