編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら
インドネシア市場をねらえ

インドネシアのECと市場--ニーズにテクノロジを組み合わせる

高澤まなか(アクセンチュア)

2015-11-15 07:00

 日本はEコマース(EC)の利用が当たり前になっているが、インドネシアでもテクノロジの発展と所得の増加に伴って、EC業界は急成長している。日本からもソフトバンクやイーストベンチャーズなどが現地のEC企業へ投資を行っている。

 今回は、インドネシアのEC業界の概況および、新興国特有のポイントについてみていきたい。

  Indonesia’s eCommerce Landscape 2014によると、インドネシアのインターネット利用人口は2013年時点で、約7500万人(約30%の浸透度)、2016年には1億人(約40%の浸透度)を突破するといわれている。インドネシアでECを利用しているのは、2013年時点で約460万人、2016年には870万人に達すると予測されている。

 インドネシアの小売市場規模は、2013年時点で約36兆円といわれており、それに占めるEC市場規模は約180億円の0.5%で、2016年には0.8%程度に伸長すると予想されている。

 経済産業省の産業動態統計によると日本の2013年時点でのEC市場規模が小売市場全体の4%程度といわれており、日本のそれと比較してもインドネシアのEC市場の規模・浸透度は低いが、ここ数年の年平均市場成長率は35%を超えて伸びている。

 インドネシアの消費者のインターネット利用及び・EC活用の特徴にはどういった点があるのだろうか。

利用デバイス

 安価なスマートフォンが普及している中で、より多くの顧客にサービスを提供するためには、モバイルアプリケーションの活用が必須だ。以前はインドネシアでは、ブラックベリーユーザーが非常に多かったが、昨今は他の新興国と同じで、Androidの比率が高くなっている。

利用しているネットサービス

 利用SNSとしてはFacebookが最も多く、WhatsApp 、Twitterと続くという調査がある。

 活用しているECサイトは、インドネシアで普及しているBlackBerryの「BBM」などのメッセンジャーグループが27%、オンラインフォーラムが26.6%、SMS経由が26.4%、一般的なECサイト20%となっている。

決済手段

 ECでの決済手段は、57%が銀行振り込み、28%がキャッシュオンデリバリ(代引き)、クレジットカードが7%、その他残り8%となっている。インフラがまだ整っておらず、クレジットカードユーザーが人口全体の4.5%しかないため、銀行決済や代引きがほとんどを占めている。

新たな商品サービスに対する許容度

 中国やインドと比較すると新しいものへの許容は遅く、自分を最も早く・比較的早く新しいサービスを手に入れるタイプだと答えた割合がインドネシアは41%、中国は52%、インドは60%だった。

 インドネシアでは、アーリーアダプターが相対的に少ないことからもわかるが、ECサービスの利用に対する抵抗感が依然としてあり、自分の知っているコミュニティでサービスを利用したいというニーズがまだ強い。そのため、メッセンジャーグループやオンラインフォーラム(Facebook上のサイト)の利用も活発だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]