編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

モバイルファースト、クラウドファースト時代にMSが取り組むセキュリティ計画

Mark Kaelin (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-12-01 06:30

 あらゆる人やあらゆるものが相互接続されている世界では、データのセキュリティが企業の最優先課題となる。Microsoftはこうした状況に備えた計画を用意している。あなたの会社は準備できているだろうか?

提供:Microsoft News
提供:Microsoft News

 無線ネットワークやモノのインターネット(IoT)といった情報テクノロジにより、さまざまな人や企業、デバイスがかつてないほどの規模で相互接続され、通信しあうようになっている。しかし、即時通信が可能になった結果、セキュリティ上の脆弱性も、かつてないほどの規模になってきている。

 MicrosoftがワシントンD.C.で米国時間11月17日に開催したセキュリティカンファレンス「Microsoft Government Cloud Forum」の基調講演で、最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏は、モバイルファースト、クラウドファーストの世界にまつわるセキュリティ上の問題に対処するうえでの同社の計画について説明した。

防御、検知、対応

 Nadella氏は詳細には踏み込まなかったが、企業におけるセキュリティ上の脅威に関する、防御、検知、対応を実施するためのMicrosoftの新たなアプローチの全体像を概説した。同社の最高情報セキュリティ責任者(CISO)Bret Arsenault氏は、同社のブログにてその要旨を以下のように書き記している。

 われわれは、センサやデータセンターから、アイデンティティ、そしてSaaSアプリケーションに至るまでの、ありとあらゆるエンドポイントの「防御」を強化しなければならない。またわれわれは、クラウドや機械学習、行動監視といった技術が持つスケーラビリティとインテリジェンスを活用して脅威の「検知」をより素早く行わなければならない。さらにわれわれは、より迅速かつ包括的に「対応」することで、顧客に対して実践的かつ総体的な洞察を提供できるよう支援しなければならない。

 Microsoftは、企業が同社のソフトウェアをどのように利用しているのかについて、継続的にデータを収集している。このためNadella氏は、同社がセキュリティ上の潜在的な脆弱性を見抜き、顧客の企業データを保護するためのツールを提供できるユニークな立場にあると考えている。同社は「Windows 10」や「Microsoft Azure」「Enterprise Mobility Suite」におけるイノベーションを通じて、Nadella氏が言うところの総体的でアジャイル、かつセキュアなプラットフォームを作り上げようとしているのだ。

 企業向けのセキュリティに関するNadella氏の基調講演は、Microsoftのウェブページから視聴できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]