編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

大成建設、ネットワークトラフィックを集約するパケットキャプチャー用スイッチ導入

NO BUDGET

2015-12-04 08:16

 大成建設がGigamon社製パケットキャプチャー用スイッチ製品「GigaVUE」を採用した。マクニカネットワークスが12月1日に発表した。

 「GigaVUE」は、スイッチのミラーポートやTAPから引き出したラインを集約し、その配下にネットワーク監視装置やセキュリティ機器を接続することで、トラフィックを複製し複数の監視機器に送ることができる。さらに複数のポイントから1つの機器にトラフィックをまとめるといったことも可能としている。


「GigaVUE」 導入構成イメージ(マクニカ提供)

 大成建設グループのITインフラには、主要企業8社、社員2万1000人が利用するシステムが集中しているが、大量のサーバ群を詳細に監視するためには、さまざまなポイントからネットワークトラフィックを取り出したり、あるポイントから取り出したトラフィックを複数の機器で分析したりする必要がある。

 そのため同社では、トラフィックを監視する複数のネットワーク解析装置やセキュリティ機器を導入した。

 しかし、こうした監視、分析作業においてミラーポート数が足りず、十分な対策を取れなかった。また新しいネットワーク解析装置を導入したり検証したりする際に、本番環境を変更しなければならないこともリスクになっていた。

 GigaVUEの導入で、複数のポイントから1つの機器にトラフィックを集約できるようになり、スイッチのミラーポート不足を解消した。また本番環境に影響を与えずに容易に効果の高い検証も可能になったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]