海外コメンタリー

マイクロソフトの「OneDrive」と「SharePoint」、次の一手は?--幹部が語る

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-01-07 06:30

 Microsoftのコーポレートバイスプレジデントとしてクラウドストレージ「Microsoft OneDrive」と、ブラウザベースのコラボレーション環境「Microsoft SharePoint」を統括するJeff Teper氏が、これら2製品の次なる一手について語ってくれた。

 かつてSharePointチームを統括していたTeper氏は、コーポレート戦略を手がけるチームを担当した後、2015年の夏にSharePointと「OneDrive for Business」、コンシューマー向けOneDriveをまとめて取り扱うチームの責任者というかたちで、エンジリアリング関連の仕事を再び手がけることになった。


 SharePointの父と目される同氏は現在、コンシューマー向けと企業向けに提供されている同社のクラウドストレージを「より明快なものにする」ための作業に取り組んでいる。米国時間12月16日付けのブログで、OneDrive for Businessの計画(少なくともその一部)の現状について報告したのも同氏だ。

 またTeper氏は同投稿で、「Windows」向けの次世代同期クライアント「OneDrive for Business Next Generation Sync Client」の提供を開始したことも発表している。さらに同氏は同月18日にTwitterで、この同期クライアントのMac版が利用可能になったとともに、「OneDrive for iOS」がアップデートされ、オフラインでファイルが読めるようになったとツイートしている。

 筆者は12月にTeper氏と電話で話す機会を得た。その際に語られた重要な情報を以下に記しておく。

 Teper氏が同社のコーポレート戦略チームで仕事をすることになったのは、最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏から請われたためだという。「エンジニアリングから離れるというのは大きな変化」だったと語る同氏は結局、この仕事を1年にわたって担当した。そして2015年7月、Nadella氏はTeper氏に対し、エンジニアリング関連に戻ってきてOneDriveとSharePointの統合チームを指揮してほしいと求めてきた。Teper氏は「今までコンシューマー向けのサービスを手がけた経験がなかった」点で特に、この要請に興味を引かれたと語った。

 OneDriveとSharePointの統合チームが組織化されたのは、同社が「Microsoft Outlook」と「Outlook.com」「Microsoft Exchange」の各チームを単一部門へと統合した2014年のことだった。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]