編集部からのお知らせ
スタート直前の5Gをチェック!
PickUp! オンラインストレージの進化と課題

MS、「SharePoint Server 2016」「Project Server 2016」のRC版をテスター向けに公開

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-01-21 10:34

 Microsoftは米国時間1月20日、「SharePoint Server 2016」と「Project Server 2016」の「Release Candidate」(RC)ビルドをテスター向けに公開した。

Microsoftは「SharePoint Server 2016」と「Project Server 2016」の「Release Candidate」(RC)ビルドを公開した。

 Microsoftによると、SharePoint Server 2016 RCは「基本機能が概ね完成」しているという。また、SharePoint Server 2016を2016年春に一般リリースする予定に変更はないという。

 SharePoint Server 2016の主眼はハイブリッドコンピューティングのシナリオだと関係者は話している。さらに、同リリースでは、データセキュリティとコンプライアンスのサポートが強化されるほか、モバイルコンテンツおよびアプリケーションへのアクセスも改善される。SharePoint Server 2016の機能の多くは、「SharePoint Online」で既に利用可能だ。

 Microsoftのブログに掲載されたFAQの中で、Microsoftが「InfoPath」と「SharePoint Designer」のサポート計画を調整していることを認めた。Microsoft関係者は2014年、電子フォーム作成ツールInfoPathのサポートを終了することを発表し、2015年には、SharePoint Designerの新版を提供する予定がないことが明らかになった

 FAQには、以下のことが書かれている。

  • SharePoint Server 2016には、「InfoPath Forms Services」をホストする既存機能が含まれる。SharePoint 2016に組み込まれたInfoPath Forms Servicesは、SharePoint 2016のサポートライフサイクルが終了するまでサポートされる。
  • 「Office 365」に組み込まれたInfoPath Forms Servicesのサポートは今後も継続する。
  • 「InfoPath 2013」と「SharePoint Designer 2013」は、InfoPathとSharePoint Designerの最後のバージョンになる。SharePoint Server 2016がリリースされても、SharePoint Designerは再リリースされないが、われわれはSharePoint Designerで構築され、SharePoint Server 2016やOffice 365でホストされるカスタムワークフローのサポートを継続する。
  • InfoPath 2013とSharePoint Designer 2013のサポートはSharePoint Server 2016のサポートライフサイクルに準拠し、2026年まで継続する。

 テスターはSharePoint Server 2016 RC(Project Server 2016 RCも含む)をMicrosoftの「Download Center」からダウンロード可能だ。Microsoft関係者によると、ユーザーはSharePoint Server 2016 RCを「SharePoint Server 2016 Beta 2」の上に直接インストールできるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]