編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ
海外コメンタリー

「Windows 10」は有償になるのか?--マイクロソフトが握るアメとムチ - (page 3)

Ed Bott (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-02-08 06:00

 可能性のある期限は2016年10月31日だ。この日は「Windows 7 Professional」がプリインストールされた新規PCの販売が公式に終了する日なのだ。

 もう1つの可能性は2016年12月31日だ。新年から気分を一新するために、ホリデーシーズンの買い物の締めくくりとしてアップグレードの機会をものにするのだ。

 しかし、筆者が考えている最も有望な日付は2017年7月17日だ。同社はこの日に、Intelの最新世代CPUである「Skylake」シリーズを搭載したハードウェア上のWindows 7と「Windows 8.1」のサポートを終了しようと計画している。この日付に合わせることで、Microsoftの長期的目標は完璧に守られるとともに、対象顧客にアメ(無償アップグレード)とムチ(サポートの早期終了)を提供するというわけだ。

 ここ数年のMicrosoftの動きを見ていると、筆者は同社幹部でさえも、今回の無償アップグレード期間が終了した後の方針を完全に決めていないと確信している。こういった意思決定が土壇場になるまでなされない可能性があるとともに、それに関する話は当面公表されることもないはずだ。

 その日にどうなるかを知っていると主張する人がいても、信じない方がいいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]