編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マイクロソフト、「Azure Stack」向けのPaaSやDevOpsサービスを発表

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-02-09 10:21

 Microsoftは1月末にハイブリッドクラウド構築のためのソフトウェア定義インフラストラクチャ「Azure Stack」のテクニカルプレビューを公開したが、米国時間2月8日には、約束していたAzure Stack向けサービスのプレビューを提供した。

 Azure Stackテクニカルプレビュー上で実装して動かすことができるAzure PaaSサービスとDevOpsツールであり、次のような機能を含む。

  • 「Azure App Service」のWeb Apps機能
  • SQLおよびMySQLリソースプロバイダ
  • 最新のAzureソフトウェア開発キット(PowerShellのサポートとクロスプラットフォーム対応のコマンドラインインターフェイス(CLI)を含む)
  • Azure Stack向けネイティブ対応の「Visual Studio」

 Web AppsとSQL/MySQL PaaSサービスは「早期プレビュー」となっており、Azure Stackの次期プレビューにフィードバックが組み込まれることになるだろう。

 Azure StackはMicrosoftが顧客やパートナー向けに開発しているツールで、企業はこれを自社データセンターにある自前のハードウェア上で動かすことができる。Azure Stackには、MicrosoftがAzureパブリッククラウドで提供する「体験」とプログラミングインターフェイスが含まれている。

 関連するニュースとして、Microsoftは2月に入り、「Windows Azure Pack(WAP)」のロードマップを公開している。WAPはAzure Stackの姉妹製品で、「Windows Server」と「System Center」上で動く。Microsoftはこれにより、大規模な顧客やホスティング事業者が自社データセンター内にAzureのような環境を構築することを目指している。

 公開されたWAPロードマップによると、Microsoftは四半期毎のアップデートリリースを続ける計画で、これには新機能と修正が含まれる。WAPは、2016年中にWindows Server 2016とSystem Center 2016に対応してアップデートされる予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]