編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

コカ・コーラやフォードも活用--IoTでもプレゼンスを高めたいヴイエムウェア

大河原克行

2016-02-17 07:00

 ヴイエムウェアは2月16日、“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”に関する取り組みを説明した。VMware Globalで欧州、中東、アフリカ地域(EMEA)を担当する戦略コンサルティング部門統括のMatthias Schorer氏は「サイバー空間と物理空間が出会う場所がIoTであり、IoTには、接続、管理、モバイル通信、インフラ、セキュリティ、アプリのライフサイクルといった構成要素との組み合わせが必要になる」と解説した。

 「数年後には、2億2000万台の自動車が接続され、数十億台のデバイスが接続され、それらから発信される情報の洪水を扱う必要がある。VMwareは、IoTについてモノを管理すること、情報を管理し、分析すること、そして、モバイルアプリを提供することが大切だと考えている」

VMware Global EMEA担当 戦略コンサルティング部門統括 Matthias Schorer氏
VMware Global EMEA担当 戦略コンサルティング部門統括 Matthias Schorer氏

 IoT分野向けの具体的な製品として、モノの管理では、デバイスのアクセスを管理する「VMware AirWatch」、セキュアコネクションを実現するものとしてネットワーク仮想化ソフトウェア「VMware NSX」、IoTエッジゲートウェイを管理、監視するためのものとして運用監視ソフト群「VMware vRealize Operations」のほか、データの収集と分析ではPivotalの製品群を提供する。

 IoTアプリの設計、開発、展開、運用などに最適化したクラウドモバイル環境の実現では、データセンター全体をソフトウェアで制御する“SDDC(Software-Defined Data Center)”への取り組み、アプリケーションのプラットフォームとして商用のPaaS基盤ソフトウェア「Pivotal Cloud Foundry」を提供していることなどをあげた。

 「VMwareは、これらの幅広い製品群を通じて、IoTの世界を網羅している。これは、製品そのものが持つ柔軟性によって実現できるものであり、顧客の要望に対して、カスタマイズしていくことになる。IoT専用のひとつの製品で対応していくことは考えていない」

 Microsoftなどは、IoT向け製品を定義しているが、VMwareはそのスタンスとは異なるものとなる。

IoTの仕組みに活用できるヴイエムウェアなどの製品群
IoTの仕組みに活用できるヴイエムウェアなどの製品群

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]