編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パラゴン、Windows 10対応のバックアップツールリリース

NO BUDGET

2016-03-07 07:00

 独Paragon Software Groupの日本法人パラゴン ソフトウェアは3月4日、Windows 10に対応したバックアップツールの最新版「Paragon Drive Backup 15 Professional(DB15Pro)」をリリースした。

 標準価格は、パッケージ版のシングルライセンスが9500円、ダウンロード版が5800円(いずれも税別)。その他企業向けのボリュームライセンスやキッティング用のライセンスなどを用意する。

 パッケージ版の販売は3月4日より販売代理店、流通各社、SIerなどを通して開始、ダウンロード版は同社オンライン販売サイトで準備でき次第近日中に販売を開始する。また、登録ユーザー向けの優待販売も同様に準備でき次第近日中に実施を予定。

 DB15Proは世界中で広く使用されているバックアップツールの最新版で、Windows VistaからWindows 10までのOSに対応する。PCを使ったまま、ハードディスクやパーティションのバックアップが作成できるほか、リカバリーメディア起動によるバックアップ、差分/増分バックアップ、スケジュールバックアップ、バックアップの世代管理にも対応。

 操作はランチャとウィザード沿って進むだけで初めてでも戸惑うことなく簡単に行うことができる。その他、ファイル/フォルダ単位のバックアップ、コピー(クローン)、システムマイグレーション(P2P、P2V)など豊富な機能を搭載。対応機種も、一般的なWindowsパソコンの他、Windowsを搭載したタブレットPCでも使用可能。


(パラゴンソフトウェア提供)

(パラゴンソフトウェア提供)

 DB15Proの主な機能、特徴は以下の通り。

  • Windows 10に対応、対応OSはWindows Vista/7/8.1/10(x86、x64各日本語版)
  • ハードディスク/パーティションのバックアップ
  • リカバリメディア起動によるバックアップ
  • ファイル/フォルダのバックアップを高速化
  • P2Pで新しいコンピュータへ復元するスマートリストア
  • 差分バックアップ
  • 増分バックアップ
  • バックアップしたイメージの世代管理や容量制限が可能なサイクルバックアップ
  • スケジュールバックアップ
  • ハードディスクのコピー
  • P2V仮想化機能
  • 4TB以上の大容量ハードディスクに対応
  • AFT・4Kセクタ採用のハードディスクに対応
  • Windows PEに対応したリカバリメディア(CD/USBメモリ)作成機能
  • BIOS/uEFI形式に対応
  • BitLockerへの対応
  • バックアップカプセルのuEFI対応
  • Recovery Media Builder3.0同梱
  • 対応しているバックアップ先:内蔵/外付けハードディスク、ネットワークドライブ、CD/DVD/BD、USBメモリ、FTP
  • 対応ドライブ/SSD:IDE/EIDE、SCSI、シリアルATA、SAS、USB、IEEE1394など

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]