編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

マイクロソフト、Eclipse Foundationに参加

ZDNet Japan Staff

2016-03-09 10:31

 Microsoftは米国時間3月8日、オープンソースの非営利団体であるEclipse Foundationへの参加を発表した。今後Eclipseコミュニティとの協業を深め、自社の開発ツールやサービスを強化していくとしている。

 Eclipse Foundationは統合開発環境(IDE)「Eclipse」の開発などを行う非営利のオープンソース団体。EclipseはもともとIBMが開発していたもので、その後オープンソースとなったことを機に、中立を維持する目的で非営利団体が設立された。

 Microsoftはこれまでにも「Visual Studio Team Services」「Microsoft Azure」などの自社アプリケーションプラットフォームや開発サービスポートフォリオ上のJava体験の改善を目的に、Eclipse Foundationとは協業してきた。今回、正式にFoundationのメンバーとなることで、Eclipseコミュニティとより密に協業できるとしている。これにより、自社クラウドサービス、SDK、ツールを改善できると狙いを説明している。

 Eclipse Foundationには、Eclipseを戦略的プラットフォームであると位置付け、積極的に開発に関与したい組織が参加する「Strategic Members」を筆頭に、「Enterprise Members」「Solutions Members」「Associate Members」「Committer Members」がある。MicrosoftはEclipseのエコシステム開発に参加する企業向けとされるSolution Membersとして加わる。年会費は売上高により異なり、最高額は2万ドルとなっている。

 Microsoftは「Azure Toolkit for Eclipse」「Java SDK for Azure」などを提供しており、Eclipseユーザーがクラウドアプリケーションを構築できるよう支援している。これに加えて、同日「Team Explorer Everywhere」プラグインをオープンソースとして公開した。開発者が自分のIDEからVisual Studio Team Servicesの機能を利用できるプラグインで、Eclipse Marketplaceで提供している。

 またEclipseのIoTフレームワーク「Kura」での「Azure IoT Suite」のサポート、Java開発者向けの「Azure Java Dev Center」を新しくしたことなども発表した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]