編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器
海外コメンタリー

マイクロソフトの将来は「クラウドファースト、Windowsセカンド」? - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-03-28 06:00

 Lufthansaのソフトウェア開発者Shmueli Englard氏は「正直なところ、現在のUWPはWindowsやWindowsの考え方と密接に結びつきすぎているという点だけ見ても、真に『ユニバーサル』なものになるとは考えにくい」と述べるとともに、「また、コードを1度記述するだけで、どのプラットフォーム上でも実行できるという考え方の愚かさをMicrosoftも理解していると思う」と述べている。

 Microsoftの最高経営責任者(CEO)Satya Nadella氏が「クラウドファースト、モバイルファースト」という言葉をMicrosoftのスローガンとして使い始めた理由は元々、モバイル機器によるインターネット接続の増加とともに、クラウドへの依存の高まりがあったためだ。Microsoftのサービスにコンシューマーや企業ユーザーを引きつけることが、同社の重要な目標になってきているのだ。しかし、「Microsoft Azure」の必要性を開発者に納得してもらうために同社がやるべきことは、まだ数多くある。

 しかし、時代と人々の期待は変わりつつある。

 最近になって同社が「MicrosoftはLinuxが大好きだ」というメッセージを前面に押し出している理由は、LinuxがMicrosoft Azureの成長の鍵を握っているという点が大きい。Azure上の仮想マシンの4分の1以上ではLinuxが稼働しており、多くの新興企業やその他の開発者らはLinux上でさまざまな作業をこなしている。このため、開発者にAzureの魅力を感じてもらおうとすれば、クロスプラットフォームに対応した.NETと、クロスプラットフォームに対応した開発ツールが必要なのだ。

 「Build 2015」カンファレンスで同社は、OS XやLinux、Windowsをターゲットにした「Visual Studio Code」のプレビュー版を披露した。これはクロスプラットフォーム対応の軽量エディタだ。その披露の際にMicrosoftは、Visual Studio Codeがクロスプラットフォーム対応開発ツール群の第一弾でしかないと語っていた。

 筆者が最近話をした匿名希望のある開発者は、「Microsoftが進むべき道はXamarinをVisual Studioに(そして、次にVisual Studio Codeに)完全に統合し、すべてのクライアントプラットフォームのためのアプリ開発環境にすることだ」と語ったうえで、「この『一緒の方がよい』という展開はVisual StudioとWindowsの話というよりも、Visual StudioとAzureの話なのだ。Azure上で可能な限り多くのコードを動作させ、Azure上に可能な限り多くのデータを移行する。そして、Azureを企業コンピューティングの中心にするというわけだ」と続けた。

 Microsoftのウォッチャーらによると、XamarinのVisual StudioやAzureとの統合が近い将来にさらに進むということは、2つのテクノロジスタックがより緊密に連携するようになるだけでなく、今までよりも手に入れやすい開発環境が生み出されることをも意味しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]