編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

オラクルがJava訴訟で求める巨額賠償金、グーグルが削除申し立て

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2016-04-01 11:13

 OracleがGoogleに対し、使用許諾を得ずにAndroidでJavaのコードを利用したとして求めている93億ドルの損害賠償金について、Googleが削除の申し立てを提出した。

 Googleによると、自社の損害査定専門家はOracleが要求する損害賠償額に「強く反対」するとしている。2社はAndroidに含まれている37件のJava SEアプリケーションプロトコルインターフェイス(API)がOracleの著作権を侵害しているかをめぐって係争中で、5月に連邦地裁で再審が開かれることになっている。

 Oracleは、アプリ開発者が早期にAndroid向けに開発するにあたって、これらのJava APIは不可欠だったと主張している。これが、Googleがアプリの販売とモバイル広告から得る数十億ドルもの収益につながっているという。

 Oracleの損害査定専門家は、GoogleはJavaの著作権を侵害したコードから88億ドルの収益を得たと推測しており、この収益はGoogleから回収されるべきだと主張している。実際の損害賠償金である4億7500万ドルと合わせて、Googleは合計で93億ドルをOracleに支払うべきだとしている。

 当然ながら、Googleの損害査定専門家は、AndroidのコードのほとんどがGoogleのものであり、Oracleがそれほどの金額を受け取る資格はないと考えている。

 Business Insiderが入手した書類によると、侵害したとされている宣言コードおよび構造、順序、構成(SSO)は、1500万行を超えるAndroidのコードの0.08%に満たないとGoogleは主張している。

 Googleが削除を申し立てている巨額の査定額は、James R Kearl博士が算出したもの。Kearl博士は、OracleとGoogleがそれぞれ推薦した損害査定専門家に回答して「収益の返還」として適切な金額を査定するために、裁判所によって任命された。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]