編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
米ZDNet編集長Larryの独り言

グーグルのクラウドはいかにエンタープライズを魅了する?--GCP NEXTで見えた優位性

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2016-03-30 06:15

 Googleは、サンフランシスコで開催した「Google Cloud Platform NEXT 2016」(GCP NEXT 2016)カンファレンスにおいて、「Google Cloud Platform」の優位性をエンタープライズに向けてアピールした。このアピールは功を奏するだろう。というのも同社は、過去の企業獲得戦略で使用し、効果のあったメッセージを組み合わせていたためだ。

Googleのクラウド事業を率いるDiane Greene氏
Googleのクラウド事業を率いるDiane Greene氏

 同カンファレンスの基調講演では、Googleのクラウド事業を率いるDiane Greene氏や、Alphabet会長のEric Schmidt氏のほか、幹部らやイノベーターらが、インフラ管理からビッグデータ、アナリティクス、機械学習といったさまざまな分野における新しいツールに関する概要を説明していた。

 これらの講演すべてに共通する、同社のエンタープライズ向けクラウド分野に関する主張は明白だ。Googleは、同社のクラウドがもはやベータ段階ではないという事実を法人顧客に知らしめたいのだ。Google Cloud Platformの幹部らが基調講演でやったことはある意味において、「Google Apps」の普及戦略で同社が2009年にやったことと似通っている。「Gartner Symposium/ITxpo 2009」においてSchmidt氏は、IT分野の顧客にアピールするために最高情報責任者(CIO)らに向けて語りかけ、同社が企業分野に本腰を入れている点をアピールしていた。

 今回のカンファレンスでは、以下のような内容が発表された。

  • 「Cloud ML」プラットフォームなどの機械学習ツール、および「Vision API」や「Translate API」を含む「Speech API」
  • クラウドストレージやクラウドコンピュートを対象とした監査ログやアイデンティティ管理、セキュリティ、暗号化鍵といった企業向け機能
  • Google Cloud Platformと「Amazon Web Services」(AWS)の運用管理を可能にする監視ツール「Google Stackdriver」のベータ版
  • クラウドVPN向けツール群や「Google Cloud Router」「Google Cloud CDN」

 Greene氏の講演は少し準備不足の感があったとはいえ、そのプレゼンテーションとGoogle Cloud Platformのメッセージの至るところに同社のノウハウと経験がちりばめられていた。実際のところ、Google Cloud Platformに関するメッセージの核心は、法人顧客に向けて効果を発揮した、過去の戦略をマッシュアップしたもののように感じられた。では、それらを順に見ていくことにしよう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]