国内2番目のデータセンター開設でNECと契約--セールスフォース

NO BUDGET

2016-04-08 10:35

 セールスフォース・ドットコムとNECは4月5日、セールスフォースが日本国内2番目となるデータセンターを関西地区に開設するにあたり、NECと契約を締結したと発表した。

 セールスフォースは、日本だけでなくアジア太平洋地域で急増しているユーザーのクラウドコンピューティングをサポートし、日本のユーザーには全てのデータを国内に格納する選択肢を提供する。NECは、太陽光エネルギーや、外気、そして独自の相変化冷却ユニットによる冷却技術を活用した、高効率で、品質の高いデータセンターをセールスフォースに提供するとしている。

 セールスフォース代表取締役会長兼CEOの小出伸一氏は、以下のようにコメントしている。

 「国内2番目のデータセンターを関西地区に開設するにあたり、国内で長期にわたりパートナー関係を構築してNECにご支援頂けることを大変光栄に存じます。このデータセンターの開設により、国内のお客様はすべてのデータを国内に保管することが可能になります。日本市場にさらに注力することで、国内のお客様に最新のクラウド、モバイル、ソーシャル、データサイエンスやIoTによるイノベーションを提供し、日本のお客様とパートナーの皆様との堅固な信頼関係を築いて業界に貢献します」

 またNEC執行役員常務の福田公彦氏は、以下のようにコメントしている。

 「セールスフォース・ドットコムの国内第2のデータセンターのパートナーに選んでいただいたことを大変光栄に思います。NECは、セールスフォース・ドットコムと同様に、お客様への成功と信頼に対して貢献することを目指しています。両社が強力なパートナーシップを組むことで、日本とアジア太平洋地域のお客様を強固な基盤でサポートします。NECはクラウドのサービス提供や、オンプレミスやデータセンターでのオープンなクラウド環境構築を提供でき、SoR(Systems of Record)、SoE(Systems of Engagement)領域を含めたお客様のICT全体をサポートします」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]