編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
ワークスタイルは変革できるのか

進化するスマートデバイスのアプリ管理手法--コンテナ化とアプリラッピング - (page 5)

小田中俊博

2016-05-13 07:00

AirWatchが提供するセキュアなアプリ管理

 アプリをセキュアに利用するための手法について紹介してきたが、ここで弊社も採用しているEMM製品であるAirWatchについても触れておきたい。AirWatchでは以下のアプリを提供し、セキュリティを維持しつつ効率化に業務できるようにしている。

図7:AirWatchアプリの機能
図7:AirWatchアプリの機能

 それぞれが独立した機能を提供しているが、AirWatch上で、データ漏えい防止機能をONにしておき(コピーアンドペースト禁止、印刷禁止など)、各アプリ間の連携設定でセキュリティを担保しつつ、業務効率化を落とすことなく業務可能となっている。

 例えば、PDFをAirWatch Content Lockerで閲覧していた時に文章中のURLをクリックすると、標準搭載されているSafariやChromeではなくAirWatch Browserが起動する。Content LockerもAirWatch Browserもコピーアンドペースト禁止のポリシーが効いているため、これらのアプリから別のアプリに情報が流出することがない。

図8:AirWatch各アプリ間の連携
図8:AirWatch各アプリ間の連携

最後に

 今回は、MAMについて紹介した。今後、モバイルアプリを使って業務する上で、アプリをどのように管理するかについて議論を避けて通ることはできない。今後ますますアプリが増え、利便性が増す中で、アプリ管理の実現方法について本稿がその一助となれば幸いである。

小田中 俊博
ネットワンシステムズ株式会社 ビジネス推進本部 第2応用技術部 EUCチーム 2008年よりCisco中心としたコラボレーション(IP電話)製品を担当し、案件支援や、 お客様への設計構築業務を歴任、2015年よりモバイル関連業務に携わっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]