編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内
ワークスタイルは変革できるのか

進化するスマートデバイスのアプリ管理手法--コンテナ化とアプリラッピング - (page 2)

小田中俊博

2016-05-13 07:00

MAMによる管理手法

 では、アプリをセキュアで効率的に管理する具体的なMAMの機能について紹介する。

(1)利用アプリの配布

  • アプリ配布機能
  • 公開アプリ(Apple Store、Google Play、Windows Store)
  • 自社開発アプリ

 利用アプリの配布とは、予め管理者が用意したアプリをカタログ化し、ユーザが個別にApp StoreやGoogle Playのアプリストアからダウンロードするのではなく、カタログ化されたページからアプリを選択する方法だ。

図2:アプリカタログの例
図2:アプリカタログの例

 必須アプリとして必ず利用させる場合には、自動的・強制的に対象のスマートデバイスにインストールさせることも可能となっている。また、最近ではApple VPP(Apple Volume Purchase Program)と呼ばれる企業向けのプログラムが準備されており、アプリやブックを一括購入して組織内のユーザに配布することもできる。さらに、EMM製品と組み合わせることで、端末側にApple IDが設定されていない状態でも配布することが可能だ。

 弊社では、EMM製品として「VMware AirWatch」を導入しており、インストールされたアプリは製品側で管理対象アプリとして定義されている。このアプリは、セキュリティを担保するために、PCなどにバックアップできず、また、端末を紛失した場合には削除される設定になっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]