ブロックチェーン

ブロックチェーンは産業構造にまで影響--経産省の見解

NO BUDGET

2016-05-16 11:44

 経済産業省は4月28日、ブロックチェーン技術に関する調査結果を調査報告書として取りまとめた「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」を公表した。全文はこちら、概要版はこちらからダウンロードできる。なお、5月末ごろには本報告書の英語版も公開される予定。


ブロックチェーンとは

TechRepublic Japan関連記事

 ビットコインなどの価値記録の取引に使用されているブロックチェーン技術は、その構造上、従来の集中管理型のシステムに比べ、改ざんが極めて困難であり、実質的にゼロダウンのないシステムを安価に構築できるとされる。IoTを含む非常に幅広い分野への応用が期待されており、あらゆる産業分野における次世代プラットフォームとなる可能性も持つという。

 その中で、日本の企業においては個別に技術検証が始まった段階であり、当該技術において、主導権を海外企業などに握られる恐れがあると経済産業省は懸念している。同調査では、「数あるブロックチェーン技術の詳細とその優位性・課題を比較分析する」「当該技術が活用されるべき有望分野を把握する」「当該技術が社会経済に与えるインパクトを把握する」「今後の当該技術を用いた産業促進に向けた政策の指針を得る」の4点を目的とし、国内外のブロックチェーン関連企業と有識者へのヒアリングなどを通じて検討した。

 まず、全ての発端となった、ビットコインに利用されているブロックチェーンに関して、技術的な要素分解を行ったのが下図。


ビットコインにおけるブロックチェーンの技術的要素分解

 現在、このビットコインのブロックチェーン技術が持つ課題を解決し発展させる、さまざまなブロックチェーン技術が世界中で提案されている。本報告書では、そのトレンドを大きく3つの軸で整理して示した。


ブロックチェーンの分類

 こうしたブロックチェーン技術は、実際のサービスや実証実験として展開も始まっている。本報告書では、ブロックチェーンの特徴的なユースケースを5つに類型化して例示している。


5つのユースケースと社会へのインパクト

 ブロックチェーン技術は今後、市場だけでなく産業構造にまで影響を与える可能性があるとして、中長期的な課題と政策に求められている対応を列挙した。

 主な対応例は以下の通り。

  • ブロックチェーンを活用した新ビジネスの検証のための民間実証の促進と、成果及び課題を集積し、広く公開していくことで市場の発展を促すこと
  • 暗号分野など既存の技術的蓄積を生かしつつ、これまで不十分だったブロックチェーンの数理的、情報理論面からの検証を後押しすること
  • 行政分野におけるブロックチェーン技術の導入を進めることで、行政の効率化、高度化を推進しつつ、率先垂範すること
  • ブロックチェーンの社会実装を円滑に行うため、必要に応じて規制などを見直すこと

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]